東芝ライテック(株)トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 拠点の環境情報(サイトレポート)

Green Management | コミュニケーション戦略

拠点の環境情報(サイトレポート)

東芝ライテックグループのサイト、グル−プ会社の環境情報(サイトレポート)を公開しています。

サイト 2016年版 2015年版 2014年版
東芝ライテック(株)本社 横須賀地区(神奈川県 横須賀市) PDFPDF
(1.88MB)
PDFPDF
(0.99MB)
PDFPDF
(845KB)
東芝ライテック(株)鹿沼工場/鹿沼分工場(栃木県 鹿沼市) PDFPDF
(1.07MB)
PDFPDF
(1.03MB)
PDFPDF
(1.03MB)
東芝ライテック(株)今治事業所(愛媛県 今治市) PDFPDF
(850KB)
PDFPDF
(817KB)
PDFPDF
(790KB)
東芝ライテック(株)沼津工場(静岡県 沼津市) PDFPDF
(1.08MB)
PDFPDF
(928KB)
PDFPDF
(857KB)
東芝照明プレシジョン(株)福島事業所(福島県 福島市) PDFPDF
(945KB)
PDFPDF
(769KB)
PDFPDF
(788KB)
東芝照明プレシジョン(株)新潟事業所(新潟県 長岡市) PDFPDF
(859KB)
PDFPDF
(797KB)
PDFPDF
(830KB)
イナン電気(株)(愛媛県 宇和島市) PDFPDF
(799KB)
PDFPDF
(552KB)
PDFPDF
(499KB)
深芝精密部品社(中国) PDFPDF
(630KB)
PDFPDF
(566KB)
PDFPDF
(759KB)
東芝照明(昆山)有限公司(中国) PDFPDF
(726KB)
PDFPDF
(751KB)
PDFPDF
(914KB)
東芝ライテック・コンポーネンツ タイ社(タイ) PDFPDF
(940KB)
PDFPDF
(766KB)
PDFPDF
(652KB)

生物多様性の取り組み

今治事業所の取り組み紹介 構内保護活動開始〜織田ヶ浜返還式〜四国生物多様性会議

構内保護活動開始〜織田ヶ浜返還式〜四国生物多様性会議の写真

ウンランは四国では今治市織田ヶ浜にしか自生していない絶滅危惧種ⅠA類の植物です。今治事業所では県内で唯一、育成実証を行っている愛媛県生物多様性センターより2株、株分けして頂き、2015年4月16日に構内での保護活動を開始しました。8月には見事に開花し順調に生育しています。また、同年5月には愛媛県生物多様性センターが増殖に成功した約300株を愛媛県、NPO団体、東村自治会、および地元ボランティアと共にウンランの自生地である織田ヶ浜保護区へ返還しました。返還したウンランは7月に開花し順調に活着しています。同年11月には2017年度移植に向けた織田ヶ浜の整地活動を、これまでの活動団体に加え、富田小学校も参加して行われました。これらの活動について同年12月に愛媛県西条市にて開催された第5回四国生物多様性会議に当社が参加し報告を行いました。今後も地域と連携したウンラン保護活動を推進し、当社にて保護・増殖しているウンランの織田ヶ浜への返還に向け活動していきます。

横須賀本社の取り組み紹介 DNPテクノパック横浜工場との連携

ハマンゾウ保護活動の写真

ハマカンゾウは、小網代の森に生息するユリ科の希少植物で、盗掘の被害に遭っています。横須賀工場では、2012年5月から28株を譲り受け、構内での保護活動を開始しています。2014年には100株に増殖させることができ、同年5月に小網代の森への返還式を開催しました。2015年度は地域企業との連携として6月29日にDNPテクノパック横浜工場に30株のハマカンゾウを譲渡しました。2017年度には2社共同での小網代の森へのハマカンゾウ返還式を実施するべく、連携してハマンゾウ保護活動を行っています。

各拠点の生物多様性活動内容(表)
各拠点の生物多様性活動内容(表)

地域とのかかわり

地域とのかかわり(表)
地域とのかかわり(表)

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。