東芝ライテック(株)トップページ > お知らせ > ニュース > 平成30年度ZEH支援事業、および、ZEH+実証事業の設備等について

平成30年度ZEH支援事業、および、ZEH+実証事業の設備等について

上記事業において弊社機器を使用する場合の注意点をご説明いたします。(2018年6月4日現在)

弊社HEMS機器のご提案例

選択タイプ 機器名称 製品外観 形番 希望小売価格
(税抜・円)
必須
分岐回路の測定数が多い場合
(最大30回路)
ホームゲートウェイ
(HEMSコントローラ)
器具画像 HEM-GW26A 30,000
エネルギー計測ユニット
(分岐10回路)
器具画像 HEM-EM35A-B2
又は
HEM-EM32A-B2
84,800
増設分岐回路センサ No.11〜20 HEM-OP10A 12,800  
No.21〜30 HEM-OP20A 12,800  
太陽光発電用センサ 器具画像 HEM-OP30A 6,400
加えて、燃料電池計測が必要な場合 燃料電池用センサ 器具画像 HEM-OP30A 6,400  
分岐回路の測定数が少なく(10回路)、
燃料電池計測が不要な場合
ホームゲートウェイ
(HEMSコントローラ)
器具画像 HEM-GW26A 30,000
エネルギー計測ユニットS
(分岐10回路)
器具画像 HEM-EME5A
又は
HEM-EME2A
48,000
太陽光発電用センサ 器具画像 HEM-OP30A 6,400

※ HEM-GW26A-Mは仕向形番でありHEM-GW26Aと同一品です

特定仕向け先HEMS機器のご提案例

選択タイプ 機器名称 製品外観 形番 希望小売価格
(税抜・円)
必須
分岐回路の測定数が多い場合
(最大30回路)
ホームゲートウェイ
(HEMSコントローラ)
器具画像 HEM-GW26A 30,000
エネルギー計測ユニット
(分岐10回路)
器具画像 HEM-EM35B-B1
又は
HEM-EM32B-B1
84,800
増設分岐回路センサ No.11〜20 HEM-OP10A 12,800  
No.21〜30 HEM-OP20A 12,800  
太陽光発電用センサ 器具画像 HEM-OP30A 6,400
加えて、燃料電池計測が必要な場合 燃料電池用センサ 器具画像 HEM-OP30A 6,400  

※ HEM-GW26A-Mは仕向形番でありHEM-GW26Aと同一品です

H30年度ZEH支援事業について

本事業に申請される方で、当社製の蓄電池、および、エネルギー計測装置(HEMS)を選択される場合は次の点にご注意ください。

蓄電池

一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)が、本事業の補助対象製品として登録、公表した蓄電システムである事

SIIホームページの "登録済 製品一覧" にて当社機器をご確認ください。

リンク登録済 製品一覧外部リンク(SIIのサイトへリンク)

HEMSの測定項目について

当社製のHEMSをご使用ください。充電量、放電量がHEMS通信で記録されます。

HEMS(エネルギー計測装置)

「ECHONET Lite」規格の認証登録番号を取得していること。

エネルギー計測ユニット、および、エネルギー計測ユニットSは「ECHONET Lite」規格の認証登録番号を取得しております。ホームゲートウェイと組み合わせてご使用下さい。

機器名称 製品外観 形番 ECHONET Lite 認証番号
ホームゲートウェイ
(HEMSコントローラ)
器具画像 HEM-GW26A GZ-000319
エネルギー計測ユニット 器具画像 HEM-EM32A-B2 GZ-000092
HEM-EM35A-B2 GZ-000314
HEM-EM32B-B1 GZ-000144
HEM-EM35B-B1 GZ-000324
エネルギー計測ユニットS 器具画像 HEM-EME5A GZ-000302
HEM-EME2A GZ-000099
1台で住宅一棟の全エネルギーを計測できるよう設置すること。

"電力お知らせ" アプリをご使用下さい。"使った電力量" が表示、記録されます。

"電力お知らせ" アプリを使用開始いただかないと計測、記録が開始されません。

計測されたデータの表示ができること。

"電力お知らせ" アプリをご使用下さい。基本使用料無料にて、過去2年間のデータを表示、記録できます。

太陽光発電量を測定する必要があります。

太陽光センサHEM-OP30A(オプション)が必要です。

暖冷房設備、ヒートポンプ給湯機を導入する場合は、各機器の電力使用量を測定する必要があります。

対象機器が接続されている分電盤分岐回路に、分岐回路用センサを取付けてください。(200V測定にも対応しています)

ガスコージェネレーションシステム(エネファーム等)を導入する場合は、発電量を測定する必要があります。

燃料電池センサ HEM-OP30A(オプション)が必要です。エネルギー計測ユニットSはご使用いただけませんので、エネルギー計測ユニットをご使用ください。

蓄電システムを導入する場合は、放電力量、充電力量を測定する必要があります。

当社製の蓄電システムのみ測定できます。

蓄電システムをホームゲートウェイに機器登録してください。"電力お知らせ" アプリで蓄電池の充電量、放電量を測定、表示する事ができます。

電気自動車充電設備を導入する場合は、充電力量を測定する必要があります。

設備の分電盤分岐回路に分岐回路用センサを取付けてください。(200V測定にも対応しています)

分岐回路測定は消費電力のみ測定可能です。電気自動車から給電(放電)する場合にはエネルギー計測ユニット、および、エネルギー計測ユニットSはご使用になれません。

データ蓄積期間は、1時間以内の単位は1カ月以上、1日以内の単位は13カ月以上必要です。

"電力お知らせ" アプリは、両単位共に過去2年間分(24カ月分)を蓄積します。

H30年度ZEH+実証事業について

本事業に申請される方で、当社製の蓄電池、および、エネルギー計測装置(HEMS)を選択される場合は次の点にご注意ください。

蓄電池

一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)が、本事業の補助対象製品として登録、公表した蓄電システムである事

SIIホームページの "登録済 製品一覧" にて当社機器をご確認ください。

リンク登録済 製品一覧外部リンク(SIIのサイトへリンク)

HEMSの測定項目について

当社製のHEMSをご使用ください。充電量、放電量がHEMS通信で記録されます。

以下は、選択要件で「②高度エネルギーマネジメント」を選択した場合に必要となる情報です

蓄電池の認証情報
製品タイプ 形番 コントローラー形番 ECHONET Lite
認証番号(Release)
ECHONET Lite
AIF 認証番号
器具画像
スタンダード
ENG-B7430A5-N1 ENG-C20A5 GZ-000405 (H) LZ-000016
ENG-C50A5 GZ-000418 (H) LZ-000023
ENG-B7430A5-N4 ENG-C20A5 GZ-000405 (H) LZ-000016
ENG-C50A5 GZ-000418 (H) LZ-000023
器具画像
ハイブリッド
ENG-B5048C1-N1 ENG-C20C1 GZ-000406 (H) LZ-000017
ENG-B5048C2-N1 ENG-C50C1 GZ-000417 (H) LZ-000022
ENG-B5048C4-N1 ENG-C20C1 GZ-000406 (H) LZ-000017
ENG-B5048C5-N1 ENG-C50C1 GZ-000417 (H) LZ-000022
「ECHONET Lite」規格の認証登録番号を取得し、APPENDIX ECHONET機器オブジェクト詳細規定Release H以降に準拠していること。

上表に記載の形番は全て準拠しております。

ECHONET Lite プロトコル対応のアダプターが分離されている場合は、当該のアダプターを設置すること。

アダプターはコントローラーに内蔵されておりますので、必ずコントローラーが必要となります。

「ECHONET Lite AIF認証を取得している」もしくは「ECHONET Lite AIF認証で相互確認を必須化されているプロパティについて、HEMSコントローラから通信制御可能であることを機器メーカー等により自己確認がなされていること」

上表に記載の形番は全てECHONET Lite AIF認証を取得しております。

HEMS(エネルギー計測装置)

「ECHONET Lite」規格の認証登録番号を取得していること。

エネルギー計測ユニット、および、エネルギー計測ユニットSは「ECHONET Lite」規格の認証登録番号を取得しております。ホームゲートウェイと組み合わせてご使用下さい。

機器名称 製品外観 形番 ECHONET Lite 認証番号
ホームゲートウェイ
(HEMSコントローラ)
器具画像 HEM-GW26A GZ-000319
エネルギー計測ユニット 器具画像 HEM-EM32A-B2 GZ-000092
HEM-EM35A-B2 GZ-000314
HEM-EM32B-B1 GZ-000144
HEM-EM35B-B1 GZ-000324
エネルギー計測ユニットS 器具画像 HEM-EME5A GZ-000302
HEM-EME2A GZ-000099
1台で住宅一棟の全エネルギーを計測できるよう設置すること。

"電力お知らせ" アプリをご使用下さい。"使った電力量" が表示、記録されます。

"電力お知らせ" アプリを使用開始いただかないと計測、記録が開始されません。

計測されたデータの表示ができること。

"電力お知らせ" アプリをご使用下さい。基本使用料無料にて、過去2年間のデータを表示、記録できます。

太陽光発電量を測定する必要があります。

太陽光センサHEM-OP30A(オプション)が必要です。

暖冷房設備、ヒートポンプ給湯機を導入する場合は、各機器の電力使用量を測定する必要があります。

対象機器が接続されている分電盤分岐回路に、分岐回路用センサを取付けてください。(200V測定にも対応しています)

ガスコージェネレーションシステム(エネファーム等)を導入する場合は、発電量を測定する必要があります。

燃料電池センサ HEM-OP30A(オプション)が必要です。エネルギー計測ユニットSはご使用いただけませんので、エネルギー計測ユニットをご使用ください。

蓄電システムを導入する場合は、放電力量、充電力量を測定する必要があります。

当社製の蓄電システムのみ測定できます。

蓄電システムをホームゲートウェイに機器登録してください。"電力お知らせ" アプリで蓄電池の充電量、放電量を測定、表示する事ができます。

電気自動車充電設備を導入する場合は、充電力量を測定する必要があります。

設備の分電盤分岐回路に分岐回路用センサを取付けてください。(200V測定にも対応しています)

分岐回路測定は消費電力のみ測定可能です。電気自動車から給電(放電)する場合にはエネルギー計測ユニット、および、エネルギー計測ユニットSはご使用になれません。

データ蓄積期間は、1時間以内の単位は1カ月以上、1日以内の単位は13カ月以上必要です。

"電力お知らせ" アプリは、両単位共に過去2年間分(24カ月分)を蓄積します。

以下は、選択要件で「②高度エネルギーマネジメント」を選択した場合に必要となる情報です

HEMSコントローラーは、導入する計測対象の機器に相対するECHONET Lite AIF認証をすべて取得していること。

当社ホームゲートウェイ(HEMSコントローラ)が取得している「ECHONET Lite AIF認証」は、以下の通りです。燃料電池には対応しておりませんのでご注意ください。

ホームゲートウェイ(HEM-GW26A)のAIF認証取得状況

機器名 AIF仕様 AIF認証番号
電気ヒートポンプ給湯器 HP給湯機・HEMSコントローラー MZ-000066
蓄電システム 蓄電池・HEMSコントローラー MZ-000023
高効率個別エアコン 家庭用エアコン・HEMSコントローラー MZ-000022
HEMSコントローラーの、APPENDIX ECHONET機器オブジェクト詳細規定のReleaseバージョンは、導入する計測対象の設備に対し上位のReleaseバージョンであること。

ホームゲートウェイのリリースバージョンが設備のリリースバージョン以上である事を確認してください。

コントローラー情報

ホームゲートウェイ形番 ECHONET Lite認証番号 Releaseバージョン
HEM-GW26A GZ-000319 G

※ Release J 2018年9月取得予定

計測対象設備情報

計測対象の設備 設備のECHONET Lite認証番号
Releaseバージョン
推奨メーカー※1
高効率個別エアコン D以上 ダイキン工業株式会社製
株式会社富士通ゼネラル製
電気ヒートポンプ給湯器 D以上 株式会社コロナ製
積水ホームテクノ株式会社
蓄電システム H 東芝ライテック※2

※1 ホワイトリスト をご覧ください

※2 自己確認書 を提示

エネルギー計測装置で計測する項目毎に、HEMSコントローラやモニタに表示される計測対象の項目名称の設定をすること。

エネルギー計測ユニット(若しくはエネルギー計測ユニットS)で計測する分岐回路名を設定してください。設定はホームゲートウェイの設定メニューから行う事が出来ます。この設定で入力した名称は、"電力お知らせ" アプリの分岐回路ラベルや、ダウンロード電力データのラベルに表示されます。

「②計測ポイントの要件」を満たし、且つ、計測項目名の確認ができる分電盤回路図の提出ができること。

施工者様にて作成ください。

計測データの報告
申請者が補助対象となる住宅に居住後、必要とされるエネルギー計測の実施をもって、事業完了とします。
事業期間中にHEMSによる実測期間を、休日を含む3日間以上設け、補助対象事業実績報告書提出の際に、エネルギー計測の結果を併せて提出してください。

"電力お知らせ" アプリが使用開始されていない場合、データは蓄積されません。
データ蓄積期間は、1時間以内の単位、1日以内の単位の両単位共に過去2年間分(24カ月分)を蓄積します。電力データは定期的にダウンロードする事をお勧めいたします。
表計算ソフトで開いたダウンロードファイルを上書き保存するとダウンロードファイルが壊れる場合がありますので、上書き保存をしない様にご注意ください。

電力データのアップロードについて(SIIデータ報告サイト)

アップロードする前に、"電力お知らせ" アプリでダウンロードしたファイルをSIIに提出するデータ形式に変換する必要があります。

リンクSIIに提出するデータ形式に変換(ZEH支援事業 実施報告補助ツールのページ)

相互接続性における制御の要件
導入する通信制御対象の各設備とHEMSコントローラ間において、それぞれの相互確認を必須化されているプロパティに対応した機能を通信制御できること。

現在、ホームゲートウェイ(HEM-GW26A)と相互接続性を確認している機器は以下の通りです。機器のエコーネットライトリリースバージョンとAIF認証を受けた機器かを確認してください。

リンク動作確認済み機器ホワイトリスト(PDF:167KB)PDF

「ECHONET LiteTM対応のエアコン」各社

  • ダイキン工業株式会社 → 上記『動作確認済み機器ホワイトリスト』でご確認ください。
  • 東芝ライフスタイル株式会社 → 過去機種も含めて使用できません
  • 株式会社富士通ゼネラル → 上記『動作確認済み機器ホワイトリスト』でご確認ください。

「ECHONET LiteTM対応のふろ自動機能付き給湯機」各社

  • 株式会社コロナ → 上記『動作確認済み機器ホワイトリスト』でご確認ください。
  • 積水ホームテクノ株式会社 → 上記『動作確認済み機器ホワイトリスト』でご確認ください。
  • 東芝キヤリア株式会社 → AIF認証取得後に公開いたします

「ECHONET LiteTM対応の蓄電池」

AIF認証の要件と、これに代わる相互接続性自己確認の要件

他メーカー機器との相互接続性自己確認は実施しておりません。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。