東芝ライテック(株)トップページ > 京都駅前「平安京羅城門模型移設プロジェクト」と照明設備について

ライトアップされた羅城門(写真)

京都駅前「平安京羅城門模型移設プロジェクト」と照明設備について

長らく近隣ビルの地下で保管されていた羅城門の10分の1復元模型が、来訪者を案内するためのデジタルサイネージや照明設備と共に、現代の京の表玄関である京都駅北口広場に設置され、2016年11月21日に公開されました。

羅城門 10分の1復元模型 全景(写真)
羅城門 10分の1復元模型 全景

当社は、この羅城門の復元模型のライトアップに協賛し、照明設計を担当すると共に、ライトアップに使用するLED小形丸形投光器を設置しました。

本プロジェクトは、平安京の表玄関であった「羅城門」を京都駅に復元させ、日本の財産として、そして京都の財産として、歴史都市・京都を次世代へ繋ぐプロジェクトの第1弾になります。

「平安京羅城門模型移設プロジェクト」が始動します(「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」プレスリリースへ)

LED照明設備について

ライトアップには羅城門の復元模型の木材の材質、朱色を際立たせるため、電球色の光色で演色性に配慮した、高効率・長寿命のLED小形丸形投光器(色温度3000K、平均演色評価数Ra80、消費電力25W、広角配光タイプ)を採用しています。

LED小形丸形投光器(写真)

LED小形丸形投光器

投光器の設置の様子(写真)

投光器の設置の様子

投光器の設置の様子(写真)

投光器の設置の様子

コンパクトなLED照明器具は、周囲の景観に配慮すると共に、器具は人が触れないように防護柵の内側に設置しています。照明環境としては、京都駅前の周囲が明るい空間に設置されるため、ライトアップの明るさレベルは高めに設定し、誘目性を高めています。

ライトアップの様子(写真)

ライトアップの様子

ライトアップの様子(写真)

ライトアップの様子

ライトアップの様子(写真)

ライトアップの様子

防護柵の内側、模型展示台正面の左右にLED投光器を3台、計6台を設置し、復元模型の1層目と2層目、そして側面をそれぞれ照射しています。

LED小形丸形投光器の配置とエーミング(イメージ画像)

LED小形丸形投光器の配置とエーミング

照度分布イメージ画像

照度分布イメージ

照明イメージ全景画像

照明イメージ全景

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。