東芝ライテック(株)トップページ > アメリカ・国立スミソニアン博物館のLED照明改修プロジェクトについて

東芝のLED照明、スミソニアンへ。

LED照明パートナーシップを通じて、人と環境に調和した “あかり文化” に貢献します。

アメリカ・国立スミソニアン博物館 "フリーアギャラリー オブ アート / アーサー・M・サックラー・ギャラリー" に、東芝のLED照明が採用されました。

画像:フリーアギャラリーオブアート 正面入り口

フリーアギャラリーオブアート 正面入り口

画像:フリーアギャラリーオブアート 廊下

フリーアギャラリーオブアート 廊下

アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術、自然史のミュージアム群として知られる国立スミソニアン博物館。ワシントンD.C.中心部に林立するこれらのミュージアムにおいて、最も長い歴史を持つ美術館である "フリーアギャラリー オブ アート / アーサー・M・サックラー・ギャラリー" に、東芝のLED照明が採用されました。

本プロジェクトは、東芝のLEDがルーヴル美術館へ納入される予定であるという話しを聞いた "フリーアギャラリー オブ アート / アーサー・M・サックラー・ギャラリー" からの問い合わせを発端として始動しました。光の安定性や省エネルギー性能はもとより、美術館に求められる精密なライティングを実現すべく東芝のLED照明技術は果敢に挑戦し、それを成し遂げたのです。特に有効に作用したのはLED製品の豊富なバリエーションでした。

8°、25°、35°から選べるビームアングルにより、ギャラリー内の入り口、廊下から展示室のウォールウォッシュ、グラフィック、タイトルなどの照明をLEDに置換することを可能にしたのです。それぞれの空間に求められるあかりの雰囲気に応じ、2700Kおよび3000Kの色温度を持つLEDが使い分けられています。

アメリカ合衆国では、スミソニアン博物館 "フリーアギャラリー オブ アート / アーサー・M・サックラー・ギャラリー" 以外にもテキサスのタイラー美術館、ミュージアム オブ ファイン アーツ ヒューストンなどにも東芝のLED照明が採用されています。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。