東芝ライテック(株)トップページ > 設計・提案支援 > 提案資料 > 住宅照明のご提案 > あかり塾 > 空間別演出(階段)

設計・提案支援

空間別演出

階段

階段の段差がはっきり見え、かつグレア(まぶしさ)を感じさせない器具を選定することが大事です。また歩行のための大切なあかりですので、ランプ寿命やメンテナンスの方法にも注意が必要です。

ブラケット

ブラケット(写真)

上り口から下り口の隅々まで明るくなるように複数灯設置すると、昇降時の安全性が高くなります。間接光の器具の場合は、明るさに注意をして配灯します。階段は幅があまりとれないことが多いので、歩行の邪魔にならないことが重要です。うす形の器具を選ぶと圧迫感が軽減します。

保安灯

保安灯(写真)

寝室や子供部屋には保安灯がおすすめです。 通常は足元灯として、停電時には懐中電灯として便利に使えます。 LED保安灯なら、いざという時にランプ切れの心配がありません。

このページのトップへ

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。