東芝ライテック(株)トップページ > 設計・提案支援 > 提案資料 > LEDの基礎知識 > LED照明のブルーライト(青色光)について

設計・提案支援

LED照明のブルーライト(青色光)について

一般照明用白色LEDは、青色LEDと黄色の蛍光体の組み合わせで構成しており、分光分布は図1に示すように2つのピークを持つかたちをしています。過度の青色光は網膜傷害を生じるリスクがあることがわかっており、相対的に青色光の多いLED照明の使用を危惧する声があります。

しかし図2に示すように、同じ色温度のLEDと蛍光ランプを、同じ照度で比較した場合、青色光の量は大きく異なりません。具体的な数値の比較では、昼白色(5000K)のLEDが青色網膜傷害に与える影響度を1とすると、同図2波長蛍光ランプは1.01とほぼ同等となり、LED照明の青色光による網膜傷害リスクが特に高いわけではないことがわかります。JISにおいても「ランプ及びランプシステムの光生物学的安全性(JIS C 7550)」で青色光網膜傷害リスクの定量評価法が定められています。

青色光による網膜傷害の実効放射輝度LBを算出し、100以下であればリスク免除グループとなります。

表1は弊社の代表的なLEDベースライトの青色光による網膜傷害の実効放射輝度LBを示します。LBの値は13であり、リスク免除グループに該当します。

図1 照明用白色LEDの一般的な分光分布図
照明用白色LEDの一般的な分光分布図(グラフ)

図2 等照度のときの各種光源の分光分布図(5000K)
等照度のときの各種光源の分光分布図(5000K)(グラフ)

表1 LED照明器具の青色光による網膜傷害の実効放射輝度LB

製品名 型名 光色(色温度[K]) 光束(lm) LB(W/m2/sr)
LEDベースライトTENQOO直付形 器具本体:LEET-42301-LS9
LEDバー:LEEM-40521N-01
昼白色(5000) 5,200 13

※ 測定条件の一つである露光限界は、一般のほとんどの人が繰り返して露光しても健康に影響がないと考えられる条件に基づいています。ただし、この条件は光に敏感な人および後天的な要因で光放射に敏感になった人に対しては適用できません。

■ ご参考

リンクLED照明の生体安全性について〜ブルーライト(青色光)の正しい理解のために〜PDF(PDF:650KB)(一般社団法人 日本照明工業会へリンク)

このページのトップへ

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。