東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2003年 > ハリソン東芝ライティング(株)と韓国忠清北道との間に投資協約締結

旧ハリソン東芝ライティング(株)のプレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ハリソン東芝ライティング(株)と韓国忠清北道との間に投資協約締結

2003年5月16日

当社はこの度、液晶ディスプレイ装置の光源として使用される冷陰極放電管(CCFL)の、韓国国内における量産体制を確立するために、当社100%出資の韓国現地法人「ハリソンエンジニアリングコリア(株)」の新工場をソウルの南約80km、韓国の中央に位置する忠清北道【道:日本の県に相当する行政単位】の梧倉産業団地に建設、本社を移転することに決定し、5月15日(木)17:00ホテルニューオータニ東京において、忠清北道との間に投資協約締結調印を行いました。

調印式には当社代表取締役社長小林久夫が、忠清北道からは李元鍾知事が出席し、協約締結により当社の同産業団地における継続的な投資と、忠清北道の当社に対する全面的な協力が約束されました。今回の新工場設立の目的は、韓国の市場へのタイムリーな技術、製造、販売サービスの提供で、新工場建設計画概要は次のとおりです。

投資額 '03〜'05年度の間に、5,000万米ドル程度
所在地 忠清北道清原郡梧倉科学地方産業団地内368-4ブロック
工場規模 敷地面積約23,000m2
第一期工事 鉄筋2階建1棟他付属建家 延床面積13,000m2
着工 '03年 6月
完成 '03年 12月
稼働開始 '04年 4月
生産品目 冷陰極放電管
生産能力 稼働時月産100万本('04/E時に月産300万本まで順次生産能力を上げていく計画)
従業員数 300人に増員

現ハリソンエンジニアリングコリア(株)の概要

代表者 渡邉 隆喜(ハリソン東芝ライティング 取締役 放電灯事業部長)
設立日 2001年8月1日
所在地 ソウル市九老区九老洞222-31
面積 800m2
目的 韓国内のお客様に、迅速な技術サービスの提供行う目的で、冷陰極放電管の試作工場を設立
資本金 6億ウォン
従業員数 10人

このページのトップへ

○ ハリソン東芝ライティング株式会社

代表者 取締役社長 小林 久夫
本社 愛媛県今治市旭町5-2-1
TEL:0898-23-9800(代表)
URL:http://www.htl.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。