東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2005年 > 次世代の光空間ソリューションをご提案します ―「ライティング・フェア 2005」へ出展 ―

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

電次世代の光空間ソリューションをご提案します
―「ライティング・フェア 2005」へ出展 ―

2005年2月21日

 東芝ライテック株式会社は、3月1日(火)から4日(金)まで東京・有明の東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「ライティング・フェア2005」(第7回国際照明総合展)に出展します。

 当社では「次世代の光空間ソリューション」をコンセプトとして、高効率・長寿命のHf細管蛍光ランプおよび新光源LEDの特性を活かした光空間をご提案します。特に、Hf細管蛍光ランプは角形を含むフルラインアップ化で使途拡大を訴求いたします。

 また、新しい照明用光源として期待されるLEDを活かした商品によるオフィス、店舗、住宅の光空間などを総合的にご提案いたします。特に、LED照明については建築空間を想定した光空間の変化をデモンストレーションで体感していただけます。

 その他にも建築、電気設備業、電気工事店等の皆様のビジネスチャンス拡大に役立つ、新しい技術や商品を豊富に展示いたします。

このページのトップへ

出展概要

◆ あたらしいあかり・LED照明シリーズ「T.LEDs」のご紹介

 著名建築家とのコラボレーションによる照明デモを中心に、基本モジュ−ルとアプリケーション、最新納入事例、次世代のT.LEDs構想などをご紹介します。

◆ オフィス空間

 Hf細管角形蛍光ランプを使用したグリッド天井用ベースライトと、この管理・運営を効率的に行う照明制御システムなどをご紹介します。

◆ ショップ空間

 豊富なバリエーションを誇るHf細管角形蛍光ランプおよび最新のLED照明を使用した、これからのショップにおける魅力的な照明空間をご提案します。

◆ 住空間

 Hf細管角形蛍光ランプを使用した照明器具を中心に、次世代の快適居住空間をダイニング、リビングを事例としてご提案します。


このページのトップへ

主な出展品

・ LED照明シリーズ「T.LEDs」

・ Hf細管角形蛍光ランプ(スクエア)照明器具

・ システム天井対応照明器具「ネオグリッド」

・ 自立分散型制御システム

・ 自動点検誘導灯

・ 「ネオセラ」用ダウンライト、スポットライト

・ システム型照明器具「セルーチェ」

・ ロフト用器具

・ リニューアル対応ライティングレール®用器具

・ センサー付き玄関灯

・ 住宅用照明器具「スリムエアー」、「スリムスクエア」

・ ITスイッチ

・ 屋外施設照明器具「ピクシア」、「プレアストリートCDM」

・ 各種ランプ「ネオスリムZスクエア」、「ネオボールZ」、「ネオセラ」、「ミニクリX

このページのトップへ

ライティング・フェア2005(第7回国際照明総合展)の概要

◆名称: ライティング・フェア2005(第7回国際照明総合展)

◆主催: 社団法人日本照明器具工業会、日本経済新聞社

◆会期: 2005年3月1日(火)〜4日(金)10時〜17時(最終日は16時30分まで)

◆場所: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東6ホール ※当社ブースは小間番号「LF-6044」となります。

このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ

マーケティング統括部
マーケティング企画担当 渡辺
TEL:03-5463-8745 / FAX:03-5463-8734

本リリースに関するお問い合わせ

総務部総務企画担当 秋山(又は藤木)
TEL:03-5463-8711 / FAX:03-5463-8830

○東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 袴田 薫生
本 社 東京都品川区東品川4丁目3番1号
資本金 100億円
TEL:03-5463-8800(代表)
URL:https://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。