東芝ライテック株式会社本文へジャンプ

  • お知らせ
  • プレスリリース
  • お客様サポート
  • 企業情報

東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2008年 > CO2削減への取り組みについて〜2010年を目途に一般白熱電球の製造を中止〜

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

CO2削減への取り組みについて
〜2010年を目途に一般白熱電球の製造を中止〜

2008年4月14日

当社は、甘利経済産業大臣並びに北畑経済産業事務次官の発言に呼応し、CO2排出量の削減に貢献するため、2010年を目途に、東芝発祥事業の一つとして120年間にわたり継続してきた一般白熱電球の当社での製造を中止し、年間約4,000万個製造(06年度実績)している生産ラインをすべて廃止することを決定しました。今後は電球形蛍光ランプやLED照明などの省エネ製品に置き換える事業活動をさらに推進します。

当社は120年前に日本で最初に白熱電球を実用化して以来、1940年に日本で初めて蛍光ランプを製造し、1980年には世界初の電球形蛍光ランプ(ボール形)を実用化するなど、常に最先端の「あかり」を提供してきました。 電球形蛍光ランプ(「ネオボール」シリーズ)については、発売以来白熱電球からの置き換え促進提案を行い、累計で約1億2,000万個を販売してきました。現在では、白熱電球を電球形蛍光ランプに切り替えることが温暖化防止に有効であることが世界で認知されています。

このたび当社は、製品の省エネ化によるCO2削減に向け一層の努力をすべく、2010年を目途に、年間約4,000万個製造(06年度実績)している一般白熱電球の当社での製造を中止し、生産ラインをすべて廃止することを決定しました。置き換えができない調光用途などに一般白熱電球をご使用されているお客様向けに当面少量の販売は継続する予定ですが、今後は流通関係者様やお客様のご理解を得ながら、一般白熱電球販売の大半を電球形蛍光ランプやLED電球に置き換える事業活動に注力します。この取り組みにより、2010年には現在に比べて年間約50万tのCO2削減に貢献できるものと推定しています(※1)。

当社は「かけがえのない地球環境を健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」という認識に立ち、環境に配慮した「あかり」で、未来の地球をあかるく豊かにすることが使命であると考えています。このような考えのもと、今年7月1日には、業界トップ(※2)の省エネ・長寿命を達成し、ネック部分に「くびれ」をもたせた一般電球に近い形状で、大半の一般照明用電球器具への置換えが可能(※3)な「ネオボールZリアルPRIDE(プライド)」を発売し、電球形蛍光ランプへの置き換え促進を加速していきます。また、昨年7月には京都議定書・目標達成計画で要求されている性能を業界ではじめて達成したLEDダウンライト「E-CORE」を、12月にはレフランプミゼット形40Wタイプ相当の明るさを7分の1の消費電力で実現した「LED電球」を発売するなど、新たな光源として期待の高まっているLED照明も積極的に開発しています。 当社は今後も一般白熱電球の代替商品の開発の加速、電球形蛍光ランプの高効率化、LED照明の一層の性能向上に取り組み、環境負荷を低減した省資源なあかりを提供していきます。

※1: 点灯時間は年間2000時間(「照明器具工業会 照明経済計算方法 住宅年間点灯時間」より)、排出係数は0.39kg-CO2/kWh(「環境省 家庭からのCO2排出量算定用係数一覧」より)として計算しています。

※2: 2008年4月14日現在 当社調べ。

※3: 調光機能のついた器具、水銀灯用器具、適合表示のない断熱器具等大きさ・形状以外の理由により使用できない器具を除く。

このページのトップへ

製造中止予定機種

一般白熱電球(ボール電球を含む)E26口金 81機種

ホワイトランプ(100V/110V)、長寿命ホワイトランプ、 セミホワイトランプ、ウスシリカランプ、ホワイトボール(除くG50)

※ ミニクリプトンランプ、ハロゲンランプ、反射形ランプなど、現在の電球形蛍光ランプ等に置き換えできない小形の白熱電球は対象外です。

このページのトップへ

製造中止予定時期

2010年度中

販売目標台数

全機種合計:10,000台/年

このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社
管球事業部 商品部
TEL:03-5479-3972 / FAX:03-5479-1085

本リリースに関するお問い合わせ

東芝ライテック株式会社
総務部 総務企画担当 秋山(又は鈴木)
TEL:03-5463-8711 / FAX:03-5463-8830

東芝ライテック株式会社
代表者 取締役社長 恒川 真一
本社 東京都品川区東品川4丁目3番1号
資本金 100億円
TEL:03-5463-8800(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、Adobe® Flash® Player 9.0.115.0以上、また、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。

このページのトップへ