東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2009年 > 60W形相当と40W形相当の明るさで、従来価格の約半額のLED電球「一般電球形6.9W」「一般電球形4.1W」発売について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

60W形相当と40W形相当の明るさで、従来価格の約半額のLED電球
「一般電球形6.9W」「一般電球形4.1W」発売について

2009年6月22日

「E-CORE」LED電球シリーズ「一般電球形6.9W」

「E-CORE」LED電球シリーズ

「一般電球形6.9W」

 東芝ライテック株式会社は、「E-CORE」(イー・コア)LED電球シリーズに、一般電球に代替可能な大きさ・形状で、電球60W形相当および40W形相当に置き換えられる明るさ(注1)を実現した「一般電球形6.9W」と「一般電球形4.1W」計4機種をラインアップし、7月15日に発売します。

 「E-CORE」LED電球「一般電球形6.9W」と「一般電球形4.1W」は、外径60mm、全長109mmと一般電球で普及している大きさ・形状を実現。電球60W形相当および40W形相当に置き換えられる明るさ(注1)を、消費電力6.9Wおよび4.1Wで達成し、寿命は一般電球の約40倍(注2)の40,000時間としています。また、電球色相当については、色の見え方がより自然となるよう平均演色評価数(Ra)(注3)を80とするなど、LEDの特長である省エネ・長寿命はもちろん、家庭のリビングやホテルの居室などでも違和感なく使用できるよう、あかりの「質」を追求しています。

 当社は2005年からLED電球を発売し、2007年からは白熱電球に代替可能なコンパクトさと実用的な明るさを実現した「E-CORE」LED電球シリーズをラインアップ、レフランプミゼット形、ビームランプ形、一般電球形4.3W を順次発売してきました。

 「一般電球形6.9W」と「一般電球形4.1W」は、これまで蓄積した技術と信頼性評価をもとに各種部品の見直しなどを行い、品質を損なうことなく、大幅なコスト削減を達成。これにより従来製品(注4)と比べて約半額の価格にしたことで、白熱電球からLED照明への移行をさらに促進します。

 また今年秋には、「一般電球形6.9W」の約1.4倍の明るさの高出力タイプや調光器に対応したLED電球の発売を予定しており、今後も商品ラインアップの拡大を通じて、LED照明の用途拡大を推進していきます。

注1: 当社ダウンライト器具ID-76101(W)に装着した場合、ほぼ同等の器具光束を得られます。 当社ホワイトランプLW100V54W55との比較。 および当社ダウンライト器具ID-76220(S)に装着した場合、ほぼ同等の器具光束を得られます。 当社ホワイトランプLW100V36Wとの比較。

注2: 当社ホワイトランプLW100V54W55との比較および当社ホワイトランプLW100V36Wとの比較。

注3: 光源で照明した色彩の再現性(見え方)を数値で示したもの。Ra100が基準光と同じで、数値が低くなるほど基準光とのズレが大きくなります。

注4: 当社「E-CORE」LED電球「一般電球形4.3W」(LEL-AW4L、LEL-AW4N)との比較。

このページのトップへ

特長

(1) 省電力でCO2を削減

 「一般電球形6.9W」は一般電球の30〜40W形相当、「一般電球形4.1W」は一般電球の20〜30W形相当の全光束ですが、ダウンライト器具で一般電球と置き換えた場合、それぞれ電球60W形および40W形相当と同等の明るさを得られます(注1)。省エネによりCO2の削減に貢献するとともに、水銀を使用していないなど、高い環境性能を有しています。

◆40,000時間使用した場合の電気代・CO2排出量の比較

  消費電力 電気代(注5) CO2排出量(注6)
LED電球
一般電球形6.9W
6.9W 6,072 円 108 kg
60W形白熱電球
(LW100V54W55)
54W 47,520 円 842 kg
LED電球
一般電球形4.1W
4.1W 3,608 円 64 kg
40W形白熱電球
(LW100V36W)
36W 31,680 円 562 kg

注5: 電気代の算出基準は電力料金目安単価22円/kWh(消費税込)とした場合。

注6: CO2排出係数は0.39kg/kWh(環境家計簿用排出係数一覧)とした場合。


(2) 一般電球から代替可能なカタチを実現

 一般電球で普及している大きさ(外径60mm、全長109mm)と形状(PS形)を実現、今まで一般電球を使っていたさまざまな電球器具で使用できます(注7)

注7: 「一般電球形4.1W」は密閉形器具に使用できますが、「一般電球形6.9W」は密閉形器具には使用できません。


(3) 選べる明るさ、高い演色性

 「一般電球形6.9W」は、白色相当が565lm、電球色相当が380lmの明るさを実現しています。白色相当は一般電球形(PS形)の全光束500lm以上のクラスにおいて業界トップ(注8)となる 82lm/Wの効率を達成。電球単体で使用した場合、白色相当は電球100W形と同等の直下照度を、電球色相当は電球60〜80Wの直下照度を得られます。明るさが必要な高所やリビングの照明などにおすすめです。

 「一般電球形4.1W」は、白色相当が340lm、電球色相当が240lm。白色相当は一般電球形(PS形)において業界トップクラス(注8)となる、83lm/Wの効率を達成。密閉形器具に対応していますので、屋外の玄関やガーデンライト、浴室の照明器具にも使用できます。

 また、両モデルともに、電球色相当については、色の見え方がより自然となるよう、平均演色評価数(Ra)を80としており、家庭のリビングやホテルの居室などでも違和感なく使用できます。

注8: 一般電球形(PS形)LED電球において2009年6月19日現在当社調べ。


(4) 40,000時間の長寿命

 定格寿命は40,000時間の長寿命で取替えの手間を大幅に軽減できます。一般電球と比較して約40倍(注2)、電球形蛍光ランプと比較しても約3倍および約7倍(注9)の長寿命です。高所など取替えがしづらい場所にお勧めします。

注9: 当社「ネオボールZリアルPRIDE 」EFA15/10-PD(寿命12,000時間)および当社ネオボールZリアルEFA10/8-R(寿命6000時間)との比較。


(5) 低温でもすぐに明るく、点滅に強い

LED電球は、電球形蛍光ランプと比較して次のような特長があります。

◆ 白熱電球のように、スイッチONですぐに明るくなります。玄関、廊下、トイレなどにおすすめします。

◆ 周囲温度(注10)の影響を受けにくいため、低温でも明るく点灯します。

◆ 繰り返しの点滅に強く、点滅頻度の多い用途にも活用できます。 人感センサー(注11)設置場所など点滅回数の多い場所にもおすすめします。

注10: LEDは周囲温度により明るさが変化しますが、蛍光ランプのように低温での明るさ低下はありません。ただし周囲温度5℃〜40℃でお使いください。

注11: 当社の人感センサーとの組合せでお使いください。他社の製品では使用できない場合があります。


このページのトップへ

主な仕様と価格

形名 LEL-AW6L/2 LEL-AW6N/2 LEL-AW4L/2 LEL-AW4N/2
希望 小売 価格 (円) (税込) 5,460 5,460 5,460 5,460
光源色 電球色
相当
白色
相当
電球色
相当
白色
相当
グローブ 種別 乳白 乳白 乳白 乳白
寸法(mm) 外径 60 60 60 60
全長 38 38 38 38
質量 (g) 140 140 140 140
口金 E26 E26 E26 E26
周波数 (Hz) 50/60 50/60 50/60 50/60
定格 入力 電圧 (V) 100 100 100 100
定格 消費 電力 (W) 6.9 6.9 4.1 4.1
定格 入力 電流 (A) 0.12 0.12 0.10 0.10
全光束 (lm) 380 565 240 340
最大 光度 (cd) 91 133 59 81
平均 演色 評価数 (Ra) 80 70 80 70
定格 寿命 (h) 40000 40000 40000 40000

このページのトップへ

発売日

2009年7月15日

目標販売数量

「一般電球形6.9W」「一般電球形4.1W」計4機種合計:50万個(2009年度)

このページのトップへ

「ecoスタイル」について

東芝の家庭電器グループ(注)では、「節電」「節水」などの環境調和型の家電商品をご使用いただくことで、意識せずに快適で環境に配慮した生活を実現するライフスタイル「ecoスタイル」を提案しています。

エネルギーと資源の有効活用である節電・節水、再生利用のしやすい設計、特定化学物質の使用制限などに配慮した環境調和型の商品を「モノづくり」の基本としています。「地球内企業」として、環境性能に優れた商品を提供することで、より良い地球環境の実現に貢献します。

注: 東芝ホームアプライアンス(株)、東芝ライテック(株)、東芝キヤリア(株)、東芝コンシューママーケティング(株)等 の各社及び傘下会社

自分らしく快適に暮らしながら、いつの間にかエコな毎日になっている。<br/>そんな新しいエコライフを東芝は応援します。

このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社
LED部 LED企画部 商品企画担当
TEL:046-862-2079/FAX:046-861-8841

管球事業部 商品部 商品担当
TEL:046-862-2084/FAX:046-861-8814

東芝ライテック株式会社
代表者 取締役社長 恒川 真一
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。