東芝ライテック株式会社本文へジャンプ

  • お知らせ
  • プレスリリース
  • お客様サポート
  • 企業情報

東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2011年 > 三井造船へ工場照明高効率化サービスの提供を開始 水銀灯照明の更新で照明電力使用量の57%を削減

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

三井造船へ工場照明高効率化サービスの提供を開始
水銀灯照明の更新で照明電力使用量の57%を削減

2011年12月20日

JA三井リース株式会社
東芝ライテック株式会社

HL-ネオセラ2搭載器具に更新した三井造船玉野事業所の写真

HL-ネオセラ2搭載器具に更新した三井造船玉野事業所

JA三井リース株式会社(本社:東京都品川区、社長:安田義則)と、東芝ライテック株式会社(本社:神奈川県横須賀市、社長:福田正巳)は、三井造船株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤泰彦)玉野事業所(岡山県玉野市)への工場照明高効率化サービスの提供を開始しました。今後は、千葉事業所(千葉県市原市)・大分事業所(大分県大分市)においても同サービスを提供する予定です

工場照明高効率化サービスは、JA三井リースと東芝ライテックが共同で取組む初のサービス型ファイナンススキームです。
10月から本サービスを導入した三井造船玉野事業所は、月々のサービス料のみで「照明設備の高効率化」、契約期間中の「予備ランプ供給」、「照明設備利用状況の見える化」の各サービスの利用が可能となり、従来と比較して最大約57%(年間)の電力使用量削減と、最大886トン(年間)のCO2削減効果が見込まれています。
今後もJA三井リースと東芝ライテックは、高天井構造の工場・倉庫等を有する企業へ本サービスを展開し、照明の高効率化を通じて地球環境・エネルギー問題への対応を進めていきます。

このページのトップへ

概要

1. サービス概要(三井造船 玉野事業所向け)

(1)既設水銀灯を「HL-ネオセラ2(注1)」に更新し電力使用量・CO2排出量を削減する照明設備の高効率化
(2)ランプ不点灯時に新品ランプを供給する予備ランプ供給サービス
(3)照明設備の電力使用状況を計測し、電力削減量・CO2削減量・照明使用時間を報告する照明設備利用状況の見える化サービス

注1:「HL-ネオセラ2」は、東芝ライテックのセラミックメタルハライドランプの名称です。

このページのトップへ

2. 省エネルギー効果

事業所名 更新灯数 電力使用量削減 (注2) CO2排出量削減 (注2)
玉野事業所 2,028灯 131万kWh/年 886t-CO2/年
千葉事業所 1,364灯 118万kWh/年 453t-CO2/年
大分事業所 535灯 75万kWh/年 282t-CO2/年
合計 3,927灯 324万kWh/年 1,621t-CO2/年

注2:最大見込み値となります。

このページのトップへ

3. 基本コンセプト イメージ

照明の高効率化イメージ

このページのトップへ

当社グループの環境ビジョンについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。

ecoスタイル 東芝グループは、「地球内企業」として地球と調和した人類の豊かな生活に向けて、環境経営を推進します。

このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

営業本部 特販営業部 首都圏特販第二営業所
TEL 03-5479-2284 / FAX 03-5479-3537

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 福田 正巳
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。

このページのトップへ