東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2017年 > 美術館・博物館向けソリューション 小形・自然光LEDスポットライトを開発

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

美術館・博物館向けソリューション 小形・自然光LEDスポットライトを開発

2017年3月6日

写真:小形・自然光LEDスポットライト

小形・自然光LEDスポットライト

美術館・博物館照明は忠実な色再現性の要求から、ハロゲン電球や高演色タイプの専用蛍光ランプが多く使用されています。これらの場所では、展示物や催し毎に高所作業を伴う明るさの調整を行なう必要がありました。また、ライティングレール取付け器具は電源部の設置スペースを確保するため、器具のレイアウトに制約が生じる場合があります。

東芝ライテック株式会社は、美術館・博物館向けソリューションとして、電源内蔵小形LEDスポットライトを開発。紫色LED光源の採用により太陽光に近い光を再現するとともに、携帯端末による器具個別の明るさ設定を可能としています。

本スポットライトは、3月7日から10日まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「ライティング・フェア2017(第13回国際照明総合展)」に参考展示します。

開発品の特長

1. 照明レイアウトや展示の妨げにならないコンパクトな筒形デザイン

垂直方向に配置した電源・通信制御部の小形化と光学レンズの薄形化に加えて、高効率の紫色LED光源の採用で発熱を抑制し、直径50mm、全長149mmのコンパクトサイズを実現。複数の器具をライティングレールに近接して配置できるので、レイアウトの自由度が高まります。また、コンパクトな筒形デザインにより、展示の妨げとなりません。

2. 携帯端末から簡単に調光操作が可能

携帯端末(スマートホン)との無線通信(Bluetooth®)により、調整作業に不慣れな方でも、アプリ操作画面で簡単に照明器具毎の登録設定や明るさの調整が可能です。従来は器具本体で行なっていた調光作業を手元で行えるようになるため、脚立上での高所作業の軽減やレイアウト変更時の設定作業の効率化に貢献します。

3. 紫色LED光源を搭載、展示物の自然な色彩を再現

従来の青色LEDよりも波長の短い紫色LEDを使い、青・緑・赤の蛍光体を発光させることで、太陽光に近い連続スペクトル光(注1)を実現しています。絵画や彫刻、工芸品等の自然な色彩を再現するとともに、複雑な反射光で構成される金箔や淡い肌色も美しく表現でき、色彩の再現性が求められる様々なシーンに最適な光環境を提供します。

注1  連続スペクトル光:あらゆる波長の色を含む光

主な仕様

寸法 直径Φ50mm、全長149mm
器具光束 570lm
ビームの開き 18°
相関色温度 4000K
平均演色評価数 Ra 95(R9〜R15>90)
消費電力 10.2W
調光範囲 1〜100%
通信方式 Bluetooth®
(Bluetooth low energy technology)

※ "Bluetooth" は、Bluetooth SIG, Inc. USAの登録商標です。

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

営業企画部 プロモーション・IS担当
TEL 044-331-7632

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 揖斐 洋一
本社 神奈川県横須賀市船越町一丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。