東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2019年 > 照明制御の国際標準通信「DALI規格」対応「制御コントローラ」の発売について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

照明制御の国際標準通信「DALI規格」対応「制御コントローラ」の発売について

2019年2月27日

東芝ライテック株式会社は、照明制御における国際標準の通信規格であり、欧州をはじめ日本国内においても普及が見込まれるDALI(Digital Addressable Lighting Interface)規格に対応した制御コントローラを2019年6月17日から受注開始します。

本商品は3月5日から8日まで東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019」に出展します。

特長

1. 国際標準規格による高い汎用性

DALI規格はIEC62386に準拠した照明制御における国際標準通信規格です。通信プロトコルはオープンにされているため、DALI規格に対応した機器であれば、メーカーを問わず通信可能な汎用性の高いシステムです。

2. 細やかな調光制御、双方向通信

DALI規格は照明器具1台単位で明るさの変更や点灯エリアの変更ができるので、きめ細かい調光制御が可能です。また、双方向通信により、照明器具の点灯状態をフィードバックし、器具の不点など、ビル設備管理者による早期異常発見を可能とします。

3. 拡張性(他設備との連携)

照明制御コントローラはBACnet(注1)を経由してBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)、空調設備やセキュリティシステムとの連携が可能です。フロアの施錠とともに照明を消灯させて消し忘れを防止する、照明の点灯状態にあわせてブラインドをコントロールするなど、システム同士の連携が可能です。

注1  BACnet:ビル用ネットワークのための通信プロトコル規格

4. DALI通信システム-MESLシステム(注2)連携による一元管理

当社電源管理システムである「MESLシステム」と連携します。DALI通信システム側のタブレットから、DALI規格対応照明器具と、MESLシステムに直結している照明器具を一括して点灯・消灯することが可能です。

注2  MESLシステム:当社2線式多重伝送式制御システム

5. 優れた操作性

システム専用の操作パネルを必要とせず、WEBベースのGUI(注3)を通じ、汎用パソコン、スマートフォン、タブレットからもコントロールやモニタリングを行えます(注4)

注3  GUI: Graphical User Interface

注4  事前にGUIの作画が必要です。

なお、3月5日から8日まで東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019」では、コイズミ照明株式会社およびワゴジャパン株式会社と、当社ブースで共同展示を行います。コイズミ照明社製DALI規格対応ダウンライトと当社製DALI規格対応ベースライトを同一DALI通信システム上に配置し、ワゴジャパン製の無線スイッチ、壁スイッチと連動してコントロールする環境を体感できます。

■システム構成例

ライティングフェアでの展示内容の説明(イラスト)

※ DALI規格対応制御コントローラはコントローラ盤の内部部品であり、コントローラ盤として販売予定のため、単品販売はいたしません。

※ 本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

発売日

2019年6月17日受注開始予定

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

照明電材事業部 商品部 商品第一担当
TEL 044-331-7563 / FAX 044-548-9604

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 平岡 敏行
本社 神奈川県横須賀市船越町一丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:https://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。