東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > 住宅用分電盤・開閉器 > 小形住宅用分電盤 プチパネリア

住宅用分電盤・開閉器

商品ラインアップ

商品データベース検索

形名・キーワードで検索できます。

商品カテゴリから探す

形名索引から探す

詳細検索

2009年6月、プチパネリアシリーズはモデルチェンジにより、更に施行しやすく美しくなりました。

プチパネリアの解説イラスト

プチパネリア3つの特長

1. なんといっても省施工!らくらく施工で手間いらず!

2. 住まいすっきりコンパクトながら配線スペースもバッチリ確保!

3. まるでインテリア!?シンプル&スタイリッシュなデザイン!

プチパネリア3つの特長

なんといっても省施工!らくらく施工で手間いらず!

分岐ブレーカの取付けはプラグイン式
分岐ブレーカの取付け手順1 分岐ブレーカの取付け手順2 分岐ブレーカの取付け手順3 分岐ブレーカの取り外し方
ロックレバーを上げます。 スライドさせてはめます。 ロックレバーを下げます。 取り外し方:
ロックレバーを上げ、ブレーカを引き抜きます。ドライバーを使えばさらに簡単です。
※固定後分岐ブレーカを軽く引いて抜けないことを確認してください。

分岐ブレーカの取付

<分岐ブレーカの取付 動画>
動画を再生するためには最新の Flash Player が必要です。
別ウィンドウリンク Flash Player のダウンロードページへ
iPad、iPhoneの方は、
別ウィンドウリンク こちらから動画をご覧いただけます(Youtubeの動画再生ページへ)

分岐ブレーカの取外し

<分岐ブレーカの取外し 動画>
動画を再生するためには最新の Flash Player が必要です。
別ウィンドウリンク Flash Player のダウンロードページへ
iPad、iPhoneの方は、
別ウィンドウリンク こちらから動画をご覧いただけます(Youtubeの動画再生ページへ)

電線接続もカンタン
電線接続手順1 電線接続手順2 電線接続手順3 電線の取り外し方
操作レバーを起こします。 電線を奥まで差し込みます。

※電線の挿入が不十分ですと発熱・発火の原因となります。

操作レバーを倒します。

※電線が奥まで差し込まれていれば緑色の表示レバーが出ます。

取り外し方:
操作レバーを起こし(1)、電線を引き抜きます(2)。
プラスドライバー1本で電圧切替・相切替が可能(電圧設定をひと目で確認[2P2Eブレーカのみ])
電圧切替手順1 電圧切替手順2 電圧切替手順3 電圧設定100Vの場合と200Vの場合
電源側の端子カバー(緑)を(1)の方向に押し上げ、倒します(2)。 プラスドライバーを差し込み、受刃端子を回転させます。 端子カバー(緑)を閉めます。 200Vに切り替えると、電圧表示窓が赤く表示されます。

・ブスバーは上段N相-中段L1相-下段L2相に配置されています。

・ブレーカ側で相切替ができるため、配線の長さを変えずに手間なく相バランスをとることができます。

100V・200Vの電圧切替

<100V・200Vの電圧切替 動画>
動画を再生するためには最新の Flash Player が必要です。
別ウィンドウリンク Flash Player のダウンロードページへ
iPad、iPhoneの方は、
別ウィンドウリンク こちらから動画をご覧いただけます(Youtubeの動画再生ページへ)

このページのトップへ

住まいすっきりコンパクトながら配線スペースもバッチリ確保!

配線スペースの写真

上下両側から配線しやすい位置に、アース中継端子を装備。

分岐回路裏面の配線スペース図

厚さわずか110mmのコンパクトサイズながら、分岐回路背面に渡し配線スペースを確保!

このページのトップへ

まるでインテリア!? シンプル&スタイリッシュなデザイン!

プチパネリア・扉とじ画像

暗い中の手さぐりも安心

手さぐりでもウェーブに沿って手をすべらせるだけで開閉ポイントに誘導され、急な停電での暗い中の手さぐりも安心です!

リンク 詳しい特長はこちら PDF(PDF:421KB)

このページのトップへ

ご注意

● このページに掲載されている商品の取り付けには電気工事が必要です。

● 一般の方の電気工事は法律で禁止されていますので、取り付けは必ず工事店・電気店(有資格者)に依頼してください。

このページのトップへ

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:365 日/ 9:00 〜 20:00 受付

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。