東芝ライテック(株)トップページ > 企業の社会的責任(CSR) > 品質方針

品質方針

品質方針

私たちは、東芝グループ「品質方針」に基づいて、安全で安心してご使用いただける製品・システム・サービスをお客様に提供することを最大の使命と考え、お客様視点での品質向上に努めています。潜在リスクへの感度と対処のスピードをあげて、製品事故の撲滅とお客様満足度No.1の実現をめざしています。

  • お客様の立場に立った品質の確保を行います。

  • 関連する法令と契約を順守するとともに、お客様と第三者の権利を尊重します。

  • 安全に施工でき、安全で安心してご使用いただける製品・システム・サービスをお客様に提供できる品質マネジメントシステムを確立し継続的改善を図ります。

  • 製造・販売・技術・品質・スタッフを含めた全部門、全員参加で品質の作りこみを行います。

  • お客様の苦情を真摯に受け止め、真因の追究による本質改善と、より良い商品作りを目指します。

「ISO9001」「IATF16949」の国際認証を取得しています。

東芝ライテック(株)は、品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」を取得し、品質を考慮した製品の研究開発・製造・販売を行っています。

【ISO9001】

ISO9001

登録証
(登録番号:QC10J0060)

登録証を参照するPDF
(PDF:375KB)

ISO9001

CERTIFICATE
(Certificate No.: QC10J0060)

リンクrefer to a certificatePDF
(PDF:378KB)

※ 2019年4月1日から沼津工場(静岡県)は鹿沼工場(栃木県)へ集約いたしました。

【IATF16949】

東芝ライテック(株)今治事業所は、品質マネジメントシステムの国際標準規格であるISO9001に、自動車産業向けの固有要求事項を付加した「IATF16949」を取得し、製品の研究開発・製造を行っています。

登録証IATF16949

登録証
(登録番号:0323754)

研究開発センター JNLA登録試験所

東芝ライテック株式会社は、JNLA登録試験事業者です。

東芝ライテック株式会社 研究開発センターは、産業標準化法(JIS法)に基づく試験事業者登録制度であるJNLA(Japan National Laboratory Accreditation system)※により、試験登録区分「光源色試験」、「照明器具電気的特性試験」において、ISO/IEC 17025:2005(JIS Q 17025:2005)に適合した試験事業者(試験所)として登録・認定されています。(登録番号:JNLA 120336JP)

これにより、試験登録区分「光源色試験」、「照明器具電気的特性試験」において、弊社 研究開発センターは、それぞれ、LED照明製品全般を含む、積分球を用いた直管形LEDランプ等の測光(全光束・光色・演色性)、一般照明用光源の測光(全光束・光色・演色性)、および照明器具の配光測定(配光特性・光束)において、その試験証明書をJNLAの標章を付して発行することができます。

なお、弊社 研究開発センターは、照明器具の配光測定において、国内第一号のJNLA登録試験事業者の試験所として登録・認定されました(2014年1月21日付)。

【JNLA登録証】

JNLA登録証

JNLA登録証 別紙

※ JNLA(Japan National Laboratory Accreditation system)について
JNLAは、産業標準化法(JIS法)に基づく試験事業者登録制度で、NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構]により運営されています。
本登録制度は、国際標準化機構および国際電気標準会議が定めた試験所に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうかの審査を行い、試験事業者を登録する制度です。
JNLAの登録は公表されている登録区分に係る日本産業規格(JIS)の試験を実施する試験事業者を対象として、登録を希望する事業所からの任意の申請に基づき、その事業者の品質システム、試験施設、機器などが試験を実施する上で適切であるかどうか、定められたとおり品質システムが運営されているかを書類審査・現地審査により審査し、登録する制度です。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウインドウで開きますPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。

このページのトップへ
リンクや画像のご利用 別ウインドウで開きます