東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > 東芝HEMS・蓄電池  > うちコネひろば  > うちコネのはじめ方(設定)  > 3万円ではじめる東芝の電力見える化

東芝HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム) FEMINITY 〜つながる、ひろがる、暮らしが変わる。

東芝HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム) FEMINITY 〜つながる、ひろがる、暮らしが変わる。

東芝HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム) FEMINITY 〜つながる、ひろがる、暮らしが変わる。

HEMSで節電!
3万円ではじめる
東芝の電力見える化

img

※3万円は東芝HEMS機器ホームゲートウェイの希望小売価格です。

「HEMS」や「節電」、「電力の見える化」の単語は昨今よく聞きますが、導入してます!という方は少ないのではないでしょうか?

理由はさまざまかと思いますが、
「節電って大変そう」
「HEMSの導入には数十万円かかる」
このあたりのイメージがHEMSを導入できない大きな理由でしょうか。

特に導入時の費用は最重要ポイントですよね。
よくわからないものにいきなり数十万円投資するのは、勇気が必要です。

そこで、本記事では、
電力見える化を導入するメリット
3万円ではじめる東芝の「電力の見える化」
を紹介していきたいと思います。

目次

  1. 1.“HEMS”のおさらい
    1. 見える化と操作(制御)ができる
  2. 2.HEMSで“電力の見える化”するとどうなる?
    1. 見える化で電気使用量が約11%削減できた調査結果も!
    2. "こんなに使ったっけ?"がわかる!
  3. 3.“電力の見える化”はいくらではじめられる?
    1. 3万円ではじめる東芝のHEMS
    2. 本格的な電力見える化は 7.8万円〜

1.“HEMS”のおさらい

そもそも“HEMS”は何をするモノなのでしょうか?
まずは「HEMS」でできるコトをおさらいしましょう。

見える化と操作(制御)ができる

見える化と操作(制御)ができる

HEMSは「Home Energy Management System (ホームエネルギーマネジメントシステム)」の略で、家庭向けのエネルギー管理や、家電の操作(制御)を行うシステムのことです。

つまりHEMSは、
エネルギーの管理=電力の見える化
家電の操作制御
といったことが実現できるシステムのことです。

学習リモコンなど、外から操作できる機器も増えていますが、それらがHEMSと呼ばれないのは「エネルギーの管理」ができないためです。

2.HEMSで"電力の見える化"するとどうなる?

「HEMS」がどんなものかわかったところで、実際にHEMSで「電力の見える化」を導入するとどんな効果があるのでしょうか?

見える化で電気使用量が約11%削減できた調査結果も!

「電力の見える化」を導入したら、キツキツで節電行動しないといけないのでは?と不安になる方が多いはず。

ですが、「省エネナビ(消費電力の見える化機器)」の設置前後の電気使用量を、前年同月と比較したところ、 平均して約11%の省エネ効果があったという結果が確認されています。(財団法人省エネルギーセンター調べ)

つまり

( 1 ) HEMSを導入する
          ↓
( 2 ) 「電力使用」を意識する&
数値で電力使用量の上下を見る

          ↓
( 3 ) 自然と電力の無駄づかいに気づく

という、ちょっとした意識改革をもたらすのが、「電力の見える化」の大きなメリットと言えます。

3人家族の電気代の月平均は1万円=約1割で1000円。
(2016年総務省統計)

img

これが年間に積み重なると1万2000円

img

現在の1ヶ月分の電気代相当の節電ができるのはかなりオトクな話ですね。

"こんなに使ったっけ?"がわかる!

節電なんてもう意識してるよ!という方、なぜか毎月の電気代が下がらない、ということはありませんか?

節電を意識してない方、なんでこんなに電気代がかかるのか、不思議ではありませんか?

img

電力会社から毎月届くお知らせは、1ヶ月分の電気使用量が合算されています。
前月より電気代があがったけど、何が原因かがわからず、節電をがんばった人ほど「あまり効果がでない」とがっかりすることが多いと聞きます。

ですが、「電力の見える化」を導入すると、30分後にはどれだけ電気を使ったかが見えるようになります。
つまり、電気をたくさん使っている時間帯にしていたことを思い出せば、電気代アップの原因を見つけ出すことができます

3.“電力の見える化”はいくらではじめられる?

「電力の見える化」のメリットはわかりました。
では、実際に導入するにはいくらかかるでしょう?

3万円※1ではじめる東芝のHEMS

ホームゲートウェイ
機器名・形名 希望小売価格(税抜)
総合計 30,000円
1
東芝ホームゲートウェイ
HEM-GW26A/HEM-GW16A
30,000円
電力会社への「Bルートサービス(電力メーター情報発信サービス)」利用開始申し込み 0円
機器名・形名 希望小売価格
(税抜)
総合計 30,000円
1
東芝ホームゲートウェイ
 HEM-GW26A
 HEM-GW16A
30,000円
電力会社への「Bルートサービス(電力メーター情報発信サービス)」利用開始申し込み 0円

最低価格ではじめられる「電力の見える化」セットです。

これで、おうち全体の電力(主幹電力)が見える化できます。

前述の構成パターンにも出てきた東芝ホームゲートウェイは、東芝のHEMSに必ず必要なものです。
電気使用量などを取得し「電力の見える化」をしてくれたり、家電への制御命令を送信してくれます。

ちなみに本製品は、Wi-Fiアクセスポイント機能も備えているので、ルーターと接続することで無線でインターネットが使えるようになります。

メモ

Bルートサービス(電力メーター情報発信サービス)とは?

現在、電力会社では各家庭の電気使用状況をリアルタイムに把握するための機械「スマートメーター」の設置が進められています。

スマートメーター

「Bルートサービス」の利用開始申し込みは、「スマートメーター」で計測しているリアルタイムの電気使用状況データを、 HEMS機器から取得できるようにするための利用申し込みです。
※無料で申し込むことができます。
お住まいの地域の電力会社(送配電業者)にご確認ください。

本格的な電力の見える化は 7.8万円※1

ホームゲートウェイ
機器名・形名 希望小売価格(税抜)
総合計 78,000円
1東芝ホームゲートウェイ
HEM-GW26A/HEM-GW16A
30,000円
2エネルギー計測ユニットS
HEM-EME1A/HEM-EME2A
48,000円
機器名・形名 希望小売価格
(税抜)
総合計 78,000円
1
東芝ホームゲートウェイ
 HEM-GW26A
 HEM-GW16A
30,000円
2
エネルギー計測ユニットS
 HEM-EME1A
 HEM-EME2A
48,000円

※別途、工事費が必要です。

こちらは、より詳細に電力を見ることを目的とした構成パターンです。

エネルギー計測ユニットSがポイントで、この機器を設置するとおうちの部屋(分岐回路)単位で電気使用量を見ることができます(※)。
どの部屋が一番電気を使っているか、電気使用量を詳細に見たいときにおすすめです。

※エネルギー計測ユニットSで計測可能な分岐回路は10回路までです。10回路以上の分岐回路を計測したい場合は「エネルギー計測ユニット」をご利用ください。

太陽光発電の計測にも対応しているので、将来的に太陽光発電を導入するときに、引き続き活躍してくれます。
※太陽光発電の計測には別売の太陽光発電用電流センサーが必要です。

まとめ

●HEMSの電力見える化のメリット
「節電の意識改革ができる」
「電気をたくさん使っている原因がわかる」
●シンプルに始めるなら3万円から「電力見える化」ができる

ということがわかりました。

「東芝ホームゲートウェイ」はHEMSの入り口なので、ぜひ導入を検討してみてください。

実際に導入を決めた方は、導入編を参照してみてください。

導入編では東芝のHEMSサービスのひとつ、うちコネ「電力お知らせ」アプリで電力見える化をはじめる手順をご紹介しています。

東芝のHEMSで
“電力見える化”
〜導入編〜

メモ

うちコネ「 電力お知らせ」アプリとは?

「電力お知らせ」は、スマートメーターやエネルギー計測ユニットなどで計測した電気使用量を「見える化」するアプリです。

電力お知らせ
  • うちコネ「電力お知らせ」アプリのダウンロードおよび基本サービスは無料です。
  • オプションサービスとして電力データの保管期間の長期間化サービス等を有料で提供しています。
  • ダウンロード時やご利用時のパケット通信料およびホームゲートウェイとサーバーとの通信料はご利用者負担となります。

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:365 日/ 9:00 〜 20:00 受付

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。