東芝ライテック(株)トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 環境への取り組み

環境への取り組み

環境方針

東芝ライテックグループは、東芝および東芝インフラシステムズグループの環境基本方針である「“かけがえのない地球環境”を健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」との認識に立ち、東芝グループ環境ビジョンのもと、豊かな価値の創造と地球との共生を図ります。低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。

社会インフラ事業を担う東芝インフラシステムズグループとして、環境調和型ソリューション・製品・サービスの提供と環境配慮都市の構築に貢献します。当社の事業分野である、照明商品、照明システムに加え、IT技術を活用した、HEMSやスマート分電盤、配線器具、蓄電池などの制御システムの製品の開発、製造、販売、サービスで、持続可能なスマートコミュニティー社会実現を目指した環境経営を推進します。

  1. 環境経営の推進
    1. (1) 環境への取り組みを経営の最重要課題のーつとして位置付け、経済と調和させた環境活動を推進します。
    2. (2) 事業活動、製品・サービスにかかわる環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の予防、生態系の保護などに関する環境目的および目標を設定して、環境活動を推進します。
    3. (3) 監査の実施や活動のレビューにより環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
    4. (4) 環境に関する法令、当社が同意した業界などの指針および自主基準などを順守します。
    5. (5) 従業員の環境意識をより高め、全員で取り組みます。
    6. (6) グローバル企業として、東芝グループ一体となった環境活動を推進します。
  2. 環境調和型製品・サービスの提供と事業活動での環境負荷低減
    1. (1) 地球資源の有限性を認識し、製品、事業プロセスの両面から有効な利用、活用を促進する、積極的な環境施策を展開します。
    2. (2) ライフサイクルを通して環境負荷の低減に寄与する環境調和型製品・サービスを提供します。
    3. (3) 気候変動の緩和・適応、持続可能な資源の利用、化学物質の管理など、設計、製造、流通、販売、廃棄などすべての事業プロセスで環境負荷低減に取り組みます。
  3. 地球内企業として
    1. (1) 優れた環境技術や製品の開発と提供および地域・社会との協調連帯により、環境活動を通じて社会に貢献します。
    2. (2) 相互理解の促進のために、積極的な情報開示とコミュニケーションを行います。

ISO14001

ISO14001 登録証

リンク登録証を参照するPDF
(PDF:371KB)

環境管理の国際規格であるISO14001は、1996年9月に発行されました。当社は同年10月に照明業界としては初めて横須賀工場(現 横須賀事業所)が認証を取得し、国際的な環境優良企業の第一歩を歩み出しました。その後も国内外グループ企業※1においてISO14001の認証を取得し、環境保全活動に努めています。
2017年8月、ISO14001 2015年版の認証を取得しました。
環境マネジメントシステムの適切性、有効性を判断し、継続的な改善を行うため、社内外の監査※2を定期的に実施しています。

第三者監査
東芝総合環境監査

※1 ・東芝ライテック株式会社 ISO認証番号 EC99J2026 最終更新日 2017年8月30日
・イナン電気株式会社 ISO認証番号 EC04J0292 最終更新日 2016年10月13日
・東芝照明(昆山)有限公司 ISO認証番号 E20168R4M/3200 最終更新日 2016年12月21日
・東芝ライテック・コンポーネンツ・タイ社 ISO認証番号 AJA01/3745 最終更新日 2015年5月7日

※2 ISO14001認証機関による第三者監査 東芝グループの東芝総合環境監査

環境マネジメント

東芝ライテックグループ環境方針の実現に向けて、半期に一度の東芝ライテックグループ地球環境会議を開催し、環境活動の計画・目標の立案とその実績を確認しています。その後のグループ内へは、ECP推進委員会/事業系環境推進委員会を各々開催し、計画・目標、施策、情報の伝達を行っています。

環境ビジョン2050の概念図

環境経営推進体制

環境ビジョン2050の概念図

東芝ライテックグループ地球環境会議

目標と実績

東芝グループが2012年度から2016年度まで推進した「第5次環境アクションプラン」に基づき、環境目標を設定し、実行しています。2016年度は、CO2排出量原単位、廃棄物総発生量原単位以外の項目で目標を達成しました。2017年度からは「第6次環境アクションプラン」が開始されました。目標必達に向け、グループ一丸となって環境活動を推進します。

項目 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
実績 実績 目標 実績 目標
製品系 総合 製品の環境効率(2000年基準) 3.44 3.68 3.60 4.03 3.70
エクセレントECP売上高(億円)※1 354 515 476 531 552
地球温暖化防止 出荷製品のCO2排出抑制量(万t-CO2※2 53.6 48.4 56.4 52.8 43.9
資源有効活用 省資源化量(t) 4,212 4,485 3,561 3,956 23,512※3
化学物質管理 PVC/BFR削減製品群数※4 2製品群 1製品群 1製品群 1製品群
フタル酸エステル4物質代替化 含有調査
事業系 地球温暖化防止 CO2排出量原単位(t-CO2/億円) 65.5 62.2 63 68.3 58.2
資源有効活用 廃棄物総発生量原単位(t/億円) 6.07 5.88 6.78 7.17 6.92
廃棄物ゼロエミッション(%) 0.13 0.15 0.37 0.18 0.33
水受入量原単位(m3/億円) 573
化学物質管理 化学物質取扱量原単位(t/億円)※5 0.355 0.308 0.313 0.265
化学物質総排出量原単位(t/億円)※5 0.06

※1 エクセレントECP(Excellent Environmentally Conscious Products) : 東芝グループにおいて主要環境性能が業界トップであると認定された製品

※2 当該年度出荷製品の基準製品に対する使用段階でのCO2排出抑制量

※3 2017年度からLED器具の省資源化量を加算

※4 PVC : ポリ塩化ビニル、BFR : 臭素系難燃剤。各製品群ごとに設定した削減・代替目標を達成した製品群数。2017年度からは評価項目が変更

※5 化学物質取扱量原単位は、2017年度から評価項目が化学物質排出量原単位に変更

環境会計

1999年度から、東芝環境会計制度に従い、環境保全に対するコストと効果を把握しています。
コストの分類、算出基準は環境省ガイドライン2005年版に準拠し、効果は環境負荷低減の内容を金額ベースで算出しました。

環境会計の年度推移(グラフ)
●実質効果
電気料金や水道料金などの削減で直接金額表示できるもの
●みなし効果
環境負荷の削減量を金額換算したもの
●顧客効果
使用段階での環境負荷低減効果を金額換算したもの(消費電力削減量など)
●リスク回避効果
投資後の環境リスク減少額を算出したもの

生物多様性の取り組み

ハマカンゾウ合同返還式(横須賀事業所)

集合写真
集合写真
集合写真

2017年6月4日、株式会社DNPテクノパックと合同で返還式を行い、両社事業所内で増やした約900株のハマカンゾウを元の生息地である「小網代の森」に再び移植しました。

ハマカンゾウの写真

ハマカンゾウはユリ科の希少植物です。三浦半島の先端にある「小網代の森」に生息するハマカンゾウは、2012年当時、東日本大震災による甚大な被害と盗掘により生息数が激減していました。東芝グループでは生物多様性保全活動の一環として周辺地域の希少動植物を保護する社会貢献活動を行っていますが、当社横須賀工場(当時)の敷地内にて、このハマカンゾウの保全活動を主体的に開始しました。まず、2012年に「小網代の森」から28株の移植を受け、2年後の2014年5月に増やした100株を再び「小網代の森」へ移植する返還を行い、その後移植を受けた別の100株を3年かけて800株に増やし、今回の合同返還式で返還いたしました。この間、当社は、2015年から始まった「東芝グル−プとDNPグル−プの全国6地域12事業所での連携」の一環として株式会社DNPテクノパック横浜工場(神奈川県横浜市)にハマカンゾウを30株移植するなどの企業連携も推進しました。

両社で返還したハマカンゾウ約900株は、夏から秋にかけて開花して群生地一帯を深く高貴なオレンジ色で染め、多くの来場者の心を癒してくれることでしょう。「日本一のハマカンゾウが咲く小網代の森」への実現に向けた取組みに当社活動が微力ながら貢献することができました。これまでの歩みの中、ご指導等いただきましたNPO法人鶴見川流域ネットワーキング/NPO法人小網代野外活動調整会議の皆様に厚くお礼申し上げます。

一方、横須賀事業所は1950年代からの管球・部品の製造を2017年3月末日をもって終息し、工場としての機能を終えました。この工場機能の終息に伴い、今回の合同返還式で全株を返還することとなり、当社の5年間にわたるハマカンゾウ保全活動は終了いたします。

今治事業所の取り組み紹介 構内保護活動開始〜織田ヶ浜返還式〜四国生物多様性会議

構内保護活動開始〜織田ヶ浜返還式〜四国生物多様性会議の写真

ウンランは四国では今治市織田ヶ浜にしか自生していない絶滅危惧種ⅠA類の植物です。今治事業所では県内で唯一、育成実証を行っている愛媛県生物多様性センターより2株、株分けして頂き、2015年4月16日に構内での保護活動を開始しました。8月には見事に開花し順調に生育しています。また、同年5月には愛媛県生物多様性センターが増殖に成功した約300株を愛媛県、NPO団体、東村自治会、および地元ボランティアと共にウンランの自生地である織田ヶ浜保護区へ返還しました。返還したウンランは7月に開花し順調に活着しています。同年11月には2017年度移植に向けた織田ヶ浜の整地活動を、これまでの活動団体に加え、富田小学校も参加して行われました。これらの活動について同年12月に愛媛県西条市にて開催された第5回四国生物多様性会議に当社が参加し報告を行いました。今後も地域と連携したウンラン保護活動を推進し、当社にて保護・増殖しているウンランの織田ヶ浜への返還に向け活動していきます。

拠点名 活動内容
東芝ライテック・鹿沼工場 ヒゲシバ、大稚児百合の保護、セツブンソウの生息域外保全
東芝ライテック・沼津工場 構内に自生する、キンラン・タシロランの保護
東芝ライテック・今治事業所 ウンラン、トチカガミ、デンジソウの生息域外保全
東芝ライテック・横須賀事業所 小網代の森にて盗掘被害に遭っているハマカンゾウの生息域外保全
イナン電気 蝶の生態系ネットワーク(柑橘系の樹木を植樹し蝶を呼込む)
東芝照明(昆山)有限公司 絶滅危惧種である花の生息域外保全
東芝ライテック・コンポーネンツ・タイ社 希少種である植物(Nepenthes or Tropical pitcher)の生息域外保全

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。