東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2009年 > ベース照明としての明るさと業界最高の総合効率(84 lm/W)を実現した 「E-CORE」LEDベースライトの発売について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ベース照明としての明るさと業界最高(注1)の総合効率(84 lm/W)を実現した
「E-CORE」LEDベースライトの発売について

2009年2月24日

直付形ストレートタイプ(LEDT-48001W-LD9)

直付形ストレートタイプ

(LEDT-48001W-LD9)

埋込形スクエアタイプ(LEDR-32401W-LD9)

埋込形スクエアタイプ

(LEDR-32401W-LD9)

 東芝ライテック株式会社は、ベース照明としての明るさ(器具光束:2,900 lm〜4,800 lm)と業界最高(注1)の総合効率を実現した「E-CORE」LEDベースライト(8機種)をラインアップ、2009年4月1日より順次発売します。

 当社は、地球温暖化問題を照明メーカーにとって大きな課題の一つであると考え、2010年度中をめどに一般白熱電球の製造を中止することを決定し、電球形蛍光ランプやLED照明などの省エネ製品に置き換える事業活動を推進しています。

 このたび発売する「E-CORE」LEDベースライトは、ベース照明としての明るさ(器具光束:2,900 lm〜4,800 lm)と業界最高(注1)の総合効率(84 lm/W)を両立。蛍光灯器具(注2)と比較して、最大で約45%の省エネを実現できます。店舗や公共施設、工場・倉庫などのベース照明として、幅広い用途で蛍光灯器具から置き換えて使用することができ、大幅なCO2削減に貢献できます。

 なお本商品は、3月3日から6日まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されるライティング・フェア2009(第9回国際照明総合展)に出展します。

注1: 一般照明用LED器具において。2009年2月24日現在、当社調べ。

対象機種:LEDT-32401W-LD9、LEDR-32401W-LD9、LEDT-48001W-LD9。

注2: コンパクト形蛍光ランプ(FHT42W)×2灯用小形スクエアベースライト(FHR-32712K-PM9)との比較

このページのトップへ

商品の特長

(1) ベース照明としての明るさを実現

 「E-CORE」LEDベースライトは、光学技術をはじめとする総合技術を発展させたことにより、ベース照明としての明るさ(器具光束:2,900 lm〜4,800 lm)を実現。高照度が必要な大空間にも使用できます。


(2) 省エネ・CO2削減

 業界最高(注1)の総合効率(84 lm/W)を達成し、大幅な省エネに貢献します。店舗用ベースライトとして使用されているコンパクト形蛍光ランプ(FHT)42W×2灯用スクエア器具(注2)と比較した場合、ほぼ同等の明るさで、消費電力およびCO2排出量を約45%低減できます。


  「E-CORE」 LEDベースライト
スクエアタイプ (注3)
コンパクト形蛍光ランプ(42W)
×2灯用スクエア器具 (注2)
比較
器具光束(lm) 3,200 lm 約3,500 lm ほぼ同等
平均照度(lx)(注4) 708 lx 688 lx
消費電力/台(W) 38W 69W 約45%
低減
CO2排出量/年・台 (注5) 3,601 kg 6,539 kg
ランプ寿命(H) 40,000時間 10,000時間 4倍
総合効率(lm/W) 84 lm/W 47 lm/W 約2倍

注3: 対象機種:LEDT-32401W-LD9、LEDR-32401W-LD9

注4: 1スパン:18×18m 、天井高さ:2.7m 、設置器具台数:81台 、初期値にて

注5: 点灯時間3,000時間/年。CO2排出量は消費電力量に排出係数0.39kg-CO2/kWhを乗じて算出しています。


(3) 豊富なラインアップ

 埋込形や直付形、スクエアタイプやストレートタイプなどをラインアップ。店舗や公共施設、工場・倉庫など、目的に応じて選択することが可能です。


(4) 長寿命

 寿命は40,000時間。蛍光ランプと比較して3〜4倍の長寿命です。ランプ交換がしにくい場所などでランプ交換の手間を大幅に軽減できます。


(5) 約5 〜100%までのスムーズな連続調光

 「FLコントルクスPD」(注6)と組み合わせることで、約5%から100%まで、スムーズな連続調光が実現できます。インバータ式蛍光灯器具と同様の4線式調光方式を採用しているため、蛍光灯器具用制御機器に採用されているあかりセンサや人感センサなどの制御機器と組み合わせた調光を行うことで、省エネ・CO2削減とともに、快適な光環境を提供します。

注6: 対象機種:DF-70162-PD


(6) 点検可能なLEDモジュール・電圧フリー対応の電源を採用

 LEDモジュールは点検に便利な着脱可能タイプを採用。また、電源ユニットは100 〜 242Vまでの電圧に対応した器具内蔵形とするなど、使いやすさを追求したベース照明用LEDベースライトです。


このページのトップへ

主な仕様と価格

形名 器具形態 タイプ 器具
光束
消費
電力
平均演色
評価数
希望小売価格
(円)(税抜)
FBK-10601-LS17 埋込形スクエアタイプ 効率重視タイプ、白色相当 3,200 lm 38W Ra70 セミオーダー
FBK-10602-LS17 直付形スクエアタイプ
FBK-20601-LS17 埋込形スクエアタイプ 高出力タイプ
効率重視タイプ、白色相当
4,500 lm 57W Ra70 セミオーダー
FBK-20602-LS17 直付形スクエアタイプ
FBK-42601-LS17 埋込形スクエアタイプ 演色性重視タイプ、白色相当 2,900 lm 57W Ra92 セミオーダー
FBK-42602-LS17 直付形スクエアタイプ
FBK-10671-LS17 直付形ストレートタイプ 効率重視タイプ、白色相当 4,800 lm 57W Ra70 セミオーダー
FBK-20671-LS17 直付形ストレートタイプ 効率重視タイプ、白色相当 3,200 lm 38W Ra70 セミオーダー

このページのトップへ

発売日

埋込/直付形スクエアタイプ効率重視タイプ:2009年4月1日

埋込/直付形スクエアタイプ高出力タイプ:2009年5月1日

埋込/直付形スクエアタイプ演色性重視タイプ:2009年5月1日

埋込/直付形スクエアタイプ効率重視タイプ:2009年6月1日

販売台数(目標)

20,000台/年(全機種合計)

このページのトップへ

補足説明資料

「E-CORE」LEDベースライトと蛍光灯器具との比較

 「E-CORE」(イー・コア)LEDベースライトはコンパクト形蛍光ランプ(FHT42W)×2灯用器具とほぼ同等の明るさ(水平面照度:約700ルクス)で、約45%の省エネ&CO2削減が可能です。

補足説明

注1: 部屋:18m×18m ,天井高さ:2.7m ,器具台数:81台 ,反射率: 天井(50) 壁(30) 床(10)

注2: 水平面照度、初期値

注3: 入力電圧200V時の消費電力

注4: 1本のブナの木が1年間に吸収するCO2を約11kgで算出

注5: 使用電気料金単価:22円/kWh。ランプ交換作業費等は含まれておりません。

このページのトップへ

「ecoスタイル」について

東芝の家庭電器グループ(注)では、「節電」「節水」などの環境調和型の家電商品をご使用いただくことで、意識せずに快適で環境に配慮した生活を実現するライフスタイル「ecoスタイル」を提案しています。

エネルギーと資源の有効活用である節電・節水、再生利用のしやすい設計、特定化学物質の使用制限などに配慮した環境調和型の商品を「モノづくり」の基本としています。「地球内企業」として、環境性能に優れた商品を提供することで、より良い地球環境の実現に貢献します。


注: 東芝ホームアプライアンス(株)、東芝ライテック(株)、東芝キヤリア(株)、東芝コンシューママーケティング(株)等 の各社及び傘下会社

自分らしく快適に暮らしながら、いつの間にかエコな毎日になっている。<br/>そんな新しいエコライフを東芝は応援します。

このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社
事業本部 LED事業推進部 商品企画部
TEL:03-5463-8539/FAX:03-5463-8836

事業本部 施設・屋外事業部 施設照明部 営業企画担当
TEL:03-5463-8768/FAX:03-5463-8824

本リリースに関するお問い合わせ

東芝ライテック株式会社
総務部 総務企画担当 秋山(又は鈴木)
TEL:03-5463-8711/FAX:03-5463-8830

東芝ライテック株式会社
代表者 取締役社長 恒川 真一
本社 東京都品川区東品川4丁目3番1号
資本金100億円
TEL:03-5463-8800(代表)
URL:https://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。