東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2011年 > 白熱電球・電球形蛍光ランプに近い光の広がりを実現したLED電球 LED電球「一般電球形7.7W」の発売について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本プレスリリースにおけるLED電球「一般電球形7.7W」について、一部仕様を変更させていただくことをプレスリリースさせていただきました。ご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。

広配光LED電球「一般電球形7.7W」の仕様変更について(2011年3月23日)

白熱電球・電球形蛍光ランプに近い光の広がりを実現したLED電球
LED電球「一般電球形7.7W」の発売について

2011年3月7日

直管形LEDベースライト

「一般電球形7.7W」(パッケージ左からLDA8L-G(電球色)、LDA8N-G(昼白色))

東芝ライテック株式会社は、「E-CORE (イー・コア) 」LED電球シリーズに、白熱電球や電球形蛍光ランプに近い光の広がりを実現した(注1)LED電球「一般電球形7.7W」2機種をラインアップ、4月20日から発売します。

このたび発売するLED電球「一般電球形7.7W」は、高い拡散性と表面積の大きなグローブの採用により、指向性の高いLED光を背面方向まで自然な配光分布で広げることが可能になりました(注1)。これにより、従来のLED電球では困難だった横方向への光の広がりを実現することができるようになりました。ペンダントや浴室灯などランプ全体の光の広がり・明るさが必要な照明器具に最適です。

広配光モデルのラインアップ追加により、製品機能強化やバリエーション展開を図り、白熱電球からLED照明への移行をさらに促進します。

なお本商品は、3月8日から11日まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されるライティング・フェア2011(第10回国際照明総合展)に出展します。

注1:取り付ける照明器具によっては、白熱電球や電球形蛍光ランプに近い配光が得られない場合があります

このページのトップへ

特長

白熱電球とLED電球「一般電球形7.7W」の配光曲線比較

白熱電球とLED電球「一般電球形7.7W」の配光曲線比較

1. 白熱電球・電球形蛍光ランプに近い光の広がりを実現(注1)

当社従来LED電球(注2)の配光角(注3)は約120度でしたが、LED電球「一般電球形7.7W」は、高い拡散性(マルチ拡散)と表面積の大きなグローブの採用により、指向性の高いLED光を背面方向まで自然な配光分布で広げ、一般白熱電球(注4)や電球形蛍光ランプ(注5)に近い光の広がりを実現(注1)しています。

光の広がり方イメージ

注2:当社従来品:LDA6N/2(昼白色:485 lm)およびLDA6L/2(電球色:380 lm)との比較。

注3:日本工業規格JIS Z8113「照明用語」における「ビームの開き」及び日本電球工業会規格JEL800「電球形LEDランプの形名付与方法」における「配光角」に準拠した値。

注4:当社ホワイトランプ(LW100V36W)との比較。

注5:当社電球形蛍光ランプ(EFA10EL/8-R)との比較。

2. 高い発光効率とまぶしさ感の低減を両立

マルチ拡散グローブと、グローブ底面に配置したLED光源により、従来にない広いグローブ内部の散乱空間を確保しました。これにより最小限の反射回数で配光分布を広げており、光の吸収を抑えながら、グローブ全域が柔らかく光る、まぶしさ感(グレア感)の少ないあかりを実現しています。

明るさは、昼白色相当で白熱電球40W形相当(注6)以上の600ルーメン、電球色相当で白熱電球40W形相当(注6)485ルーメンを実現(注7)。白熱電球40W形(注6)と比較し、消費電力を約79%削減します。

グローブの比較

注6:当社ホワイトランプ:LW100V36Wとの比較。

注7:日本電球工業会ガイド「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン008」に準拠した明るさの表示。一般照明用電球40形とLDA8N-G,LDA8L-Gとの比較。

LED電球「一般電球形7.7W」の構造

LED電球「一般電球形7.7W」の構造

3. 放熱設計の適正化で電球近似形状とグローブ面積拡大を実現

電球近似形状を維持したままグローブの面積を拡大するには、筐体の小型化が必要でした。最新の放熱設計技術とアルミダイカスト筐体の採用により、発熱部からの熱を効率よく放熱することが可能になり、筐体サイズを当社従来LED電球(注2)の3分の2にすることに成功しました。これにより、器具適合率の高い電球近似形状を維持しながら、限られたランプ全長の中でグローブ面積を当社従来LED電球(注2)グローブ比で約1.7倍にし、ランプの後方まで光を広げることができるようになりました。

このページのトップへ

主な仕様と価格

LED電球「一般電球形7.7W」

形名 LDA8L-G LDA8N-G
希望小売価格(円)(税込) 5,985 5,985
光源色 電球色 昼白色
グローブ種別 乳白 乳白
寸法(mm) 外径 60 60
全長 112 112
質量(g) 110 110
口金 E26 E26
周波数(Hz) 50/60 50/60
定格入力電圧(V) 100 100
定格消費電力(W) 7.7 7.7
定格入力電流(mA) 135 135
全光束(lm) 485 600
最大光度(cd) 52 65
定格寿命(h) 40000 40000

このページのトップへ

発売日

2011年4月20日

販売目標台数

LED電球「一般電球形7.7W」 2機種合計:50万個/年

このページのトップへ

当社グループの環境ビジョンについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。

ecoスタイル 東芝グループは、「地球内企業」として地球と調和した人類の豊かな生活に向けて、環境経営を推進します。

このページのトップへ

お問い合わせ

東芝ライテック株式会社
LED事業部 商品担当
TEL:046-862-2079/FAX:046-861-8841

LED事業部 商品企画部 ランプ・ユニット企画担当
TEL:046-862-2087/FAX:046-861-8841

東芝ライテック株式会社
代表者 取締役社長 福田 正巳
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。