東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2012年 > 東芝ライテックとハリソン東芝ライティングの合併について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

東芝ライテックとハリソン東芝ライティングの合併について

2012年5月30日

東芝ライテック株式会社
ハリソン東芝ライティング株式会社

東芝ライテック株式会社とハリソン東芝ライティング株式会社は、東芝ライテックを存続会社として2012年10月1日付で合併し、施設・住宅用照明から産業用光源に至る総合照明メーカーとして更なる成長を目指します。

東芝ライテック株式会社は、日本で初めて白熱電球・蛍光ランプを実用化した東芝の照明技術を継承し、近年では業界に先駆けてLED照明を事業化するなど、「あかり」の総合メーカーとして、施設・住宅用照明機器の開発・製造・販売を行っています。

また、ハリソン東芝ライティング株式会社は、自動車・OA機器・液晶など産業分野のお客様にそれぞれのニーズに応じた様々な「ひかり」製品を提供すべく、産業用光源機器の開発・製造・販売を行っています。

照明・光源業界は、長く続いた白熱電球・蛍光ランプからLEDなど新照明システムへの変革に伴い、かつてない競争と淘汰が進む大転換期へ突入しています。この状況を踏まえ、東芝グループで「あかり」「ひかり」事業を担当する東芝ライテック、ハリソン東芝ライティング両社は、本年10月に合併し、経営資源を一体化して環境変化にスピーディーに対応することにより、LED照明など成長事業のさらなる拡大、海外事業強化、次世代照明システムの早期事業化、収益構造の強化を目指します。

なお、現在のハリソン東芝ライティング株式会社の本社事業所は、東芝ライテック株式会社の今治事業所(仮称)として位置付け、今後も事業を継続していきます。

このページのトップへ

合併の狙い

1. LED照明をはじめとする成長事業のさらなる拡大(技術力強化、海外事業強化など)

2. 次世代照明システムの早期事業化(LD照明(注1)、OLED照明(注2)など)

3. 収益構造の強化(組織の効率化、経営資源の最適配分、意思決定の迅速化など)

注1…LD:レーザダイオード

注2…OLED:有機EL

このページのトップへ

新会社の概要

社名 東芝ライテック株式会社
合併期日 2012年10月1日
資本金 100億円(予定)
代表者 渋谷 徹(予定)
本社所在地 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
事業内容 施設・住宅用照明機器、産業用光源機器の開発・製造・販売
売上目標 約2,600億円(2014年度 連結売上高)
従業員数 約3,000名

このページのトップへ

両社の概要

(1) 商号 東芝ライテック株式会社 ハリソン東芝ライティング株式会社
(2) 本店所在地 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1 愛媛県今治市旭町5-2-1
(3) 代表者

取締役社長 福田 正巳
渋谷 徹(6/1就任予定)

代表取締役社長 櫻井 寿春
(4) 主な事業内容 施設・住宅用照明機器の開発・製造・販売 産業用光源機器の開発・製造・販売
(5) 資本金 100億円 41.1億円
(6) 設立年月 1974年5月 1950年5月
(7) 大株主及び持株比率 東芝コンシューマエレクトロニクス・ホールディングス(株) 99.46%
東芝プラントシステム(株) 0.05%
東芝保険サービス(株) 0.49%
東芝ライテック(株) 64.38%
四国電力(株) 17.40%
東芝保険サービス(株) 5.25%
四国瓦斯(株) 2.46%
その他 10.51%

このページのトップへ

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 福田 正巳
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。