東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2013年 > ECHONET Lite対応機器をシンガポールのマンションに納入

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ECHONET Lite対応機器をシンガポールのマンションに納入
〜 業界で初めてECHONET Lite対応機器を海外展開 〜

2013年1月25日

株式会社 東芝
東芝ライテック株式会社

東芝グループが注力しているスマートホーム事業において、この度、大和ハウス工業株式会社がシンガポールの大手不動産開発会社シティー デベロップメンツ リミテッド(City Developments Limited)の分譲する高級タワーマンション向けに提供するHEMSに、東芝ライテック株式会社のECHONET Lite(注1)対応機器が採用されました。

今回のシンガポール向けシステムへの採用は、国際標準化を目指して取り組んでいるECHONET Lite制御対応機器が海外で採用される、初めての事例となります。人口増加と都市化が進み、住宅建設ニーズが新興国を中心に旺盛になる中、東芝グループは今回の海外での納入実績を生かし、今後もスマートホーム事業を拡大していきます。

東芝ライテック株式会社が提供する製品は、家庭用分電盤に接続して電気、ガス(注2)、水(注2)の使用量を計測するエネルギー計測ユニットとエアコンの接続アダプターです。これらを活用することにより、住宅の電力使用量の「見える化」、エアコンの機器制御を実現します。

東芝グループは、白物家電やAV機器、HEMS機器の提供からクラウドサービスまでのラインナップの拡充・融合を進め、住み心地の良さや暮らしやすさを訴求することを通して、国内外でホームソリューションの取り組みを強化していき、2015年度2500億円の売上を目指します。

注1  ECHONET Liteは、エコーネットコンソーシアムにて2011年7月に策定されたHEMS構築のための通信規格。家電機器、スマートメーター、太陽光発電システム等を含む約80種類以上の機器の制御を規定し、2012年2月、 スマートコミュニティアライアンスの「スマートハウス標準化検討会」より、「公知な標準インターフェース」として推奨されました。

注2  ガス、水の使用量計測について
パルス発信器付ガスメータ、パルス発信式流量計をそれぞれエネルギー計測ユニットへ接続する必要があります。

このページのトップへ

ecoスタイル 東芝グループは、「地球内企業」として地球と調和した人類の豊かな生活に向けて、環境経営を推進します。

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

HEMS事業統括部
TEL 03-3457-4493

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 渋谷 徹
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。