東芝ライテック株式会社本文へジャンプ

  • お知らせ
  • プレスリリース
  • お客様サポート
  • 企業情報

東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2013年 > 小田急電鉄株式会社 4000形新造車両に調光機能付LED照明を納入

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

小田急電鉄株式会社 4000形新造車両に調光機能付LED照明を納入

2013年2月20日

小田急4000形電車
小田急4000形電車

40W形LED車両照明
40W形LED車両照明

東芝ライテック株式会社は、小田急電鉄株式会社の4000形新造車両に鉄道業界初(注1)の調光機能付LED車両照明を240台納入します。

このたび当社が小田急電鉄株式会社に納入するLED車両照明は、従来の蛍光灯(50W)と比較して消費電力を約50%削減できます(注2)。また、調光機能を有しており、全光点灯時(25W)に比べて、消費電力をさらに約半分(12W)にまで低減することが可能です(注3)。さまざまなシーンに合わせて明るさを調整することで、間引き点灯のように不均一な客室空間でなく、どの席でも均一な明るさを確保し、快適な客室空間を演出しながら省エネ化を図ることができます。

また、優先席は吊革の色と合わせた暖色系の色が採用されており、車両内の視環境にメリハリをつけています。優先席を暖色にすることで、空間全体の雰囲気づくりに貢献しています。

当社ではこれからも一般施設向け照明に加え、交通機関等をはじめとした様々な施設へのLED照明の提案活動を推進していきます。

注1  2013年2月20日現在、当社調べ。

注2  従来機種「蛍光灯 FLR40W×1灯用車両用客室灯(50W)」とLED車両照明40W形客室灯(25W)との比較。

注3  LED照明の全光点灯時の明るさ(25W)と調光レベル2(12W)との比較。

特長

1. 安全性

照明器具の外郭には、不燃材のガラスクロスを採用しており、万が一の場合の安全性を確保しました。

2. 省エネ性

今回納入する調光機能付LED照明は、3段階の車内照明の設定が可能です。従来の蛍光灯器具(消費電力50W)と比べると、全光点灯時でも消費電力を約50%削減(注2)できる消費電力25Wを実現。「調光レベル1」(注4)では消費電力19Wとなり従来の蛍光灯器具と比較して約62%消費電力削減、「調光レベル2」では消費電力12Wとなり従来の蛍光灯器具と比較して約76%消費電力を削減できます。

注4  現在の節電対策時とほぼ同等の車内の明るさ。

3. 意匠性

これまでの蛍光灯器具の意匠を生かしながらも、ランプ(発光部)と灯具を一体化したデザインを採用し、車両全体のイメージアップを図っています。

納入概要

1. 納入規模

4000形 一編成(10両)に40W形LED車両照明、20W形LED車両照明(注5)、計240台を納入。

注5  20W形LED車両照明(納入台数4台)は非調光。

2. 納入時期

2013年2月
(運行開始日:2013年3月4日)

3. 納入品の主な仕様

機種 40W形LED車両照明
消費電力 25W/19W/12W
器具光束 1800lm/1425lm/900lm
寿命 40000時間
質量 約3.2s
外形寸法 1250mm×100mm×74o
色温度 5000K/3500K(優先席)

このページのトップへ

ecoスタイル 東芝グループは、「地球内企業」として地球と調和した人類の豊かな生活に向けて、環境経営を推進します。

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

照明事業本部 商品企画統括部 カスタム商品企画部
TEL 03-5479-1581 / FAX 03-5479-3044

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 渋谷 徹
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。

このページのトップへ