東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2014年 > 定置式家庭用蓄電システム「eneGoon(エネグーン)」の新モデルの販売について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

定置式家庭用蓄電システム「eneGoon(エネグーン)」の新モデルの販売について

2014年4月7日
株式会社 東芝
東芝ライテック株式会社

株式会社東芝および東芝ライテック株式会社は、東芝製リチウムイオン二次電池SCiB™を搭載した定置式家庭用蓄電システム「eneGoon(エネグーン)」の新製品2モデルを4月から順次販売します。

「eneGoon」は、10,000回の充放電後でも約90%の容量を維持する注1リチウムイオン二次電池SCiB™を搭載し、充電しながら電気製品を同時に使用できる系統連系蓄電システムです。万一の停電時にも、冷蔵庫や照明などを約12時間(6.6kWhモデルにおいて)使用することができます。また、太陽光発電と連携する場合には、「押し上げ効果あり」、「押し上げ効果なし」を選択注2できます。

新製品は、コンパクト設計により、蓄電池容量は従来品と同じ6.6kWh注3で、サイズ・重量を従来比の約80%に小型・軽量化し、設置性を改善しました。また、騒音値は従来比で20%以上改善し、35dB以下にすることで周辺環境への影響を低減しました。さらに、目的に応じて電気代削減・停電準備対応など4種類の選択が可能な「おまかせ」運転モード、最適な使用方法に設定できる2つの「おこのみ」モードを採用し、使い勝手を向上しています。

コントローラに通信用アダプタを内蔵しているので、東芝グループが展開するホームエネルギーマネージメントシステム(HEMS)に接続することで、スマートフォンで運転状態や充電量などを確認できます。

なお、蓄電池容量が4.4kWh注3でサイズ・重量を従来比の約70%にした小型タイプを6月から発売予定です。

スマートメータの本格導入、太陽光発電・蓄電池・燃料電池を連動させて自動制御するスマートホーム、電気自動車と連携したソリューションの展開など、ホームソリューション市場の拡大が期待される中、新製品も各種ホームソリューション関連機器とともに販売することで、よりエコで快適なライフスタイルの提案を行っていきます。

注1  10,000回以上のサイクル寿命、室温25℃・3Cフル充放電条件の場合です。

注2  設置時に電力会社との契約が必要です。一度設置した後に「押し上げ効果なし」「押し上げ効果あり」を変更する場合は再度電力会社との契約が必要です。
「押し上げ効果なし」の場合:太陽光発電の電力は家庭内で使用し、余剰分を電力会社に売電します。売電中は蓄電池は放電せず、使用電力が太陽光発電電力よりも多い時に放電します。
「押し上げ効果あり」の場合:太陽光発電の電力を売電しているときも蓄電池は放電します。蓄電池の電力を家庭内で使用し、その分を売電にまわして売電量を増やします。

注3  電気機器が実際に使用できる電力量は、電力変換損失(定格出力時約6%)分だけ少なくなります。

特長

4つの「おまかせ」運転モード

ライフスタイルに合わせて4つの使い方をご提案いたします。

(1)『経済おまかせ』モード

電気料金が安い時に貯めて、電気代を削減する経済的な運転モードです。太陽光発電と組合せることにより、さらにお得な運転が可能になります。

(2)『環境おまかせ』モード

太陽光発電との連携により、日中に使いきれなかった太陽光で発電した電力を蓄電池に貯めて、夕方から夜間に使用する運転モードです。自然エネルギーを活用することにより、電力会社からの買電量や環境負荷を低減することができます。

(3)『ピーク抑制』モード

深夜に貯めた電力を、朝と夕方の家庭内の使用電力が多い時間帯に放電することにより、ピーク電力を抑制する運転モードです。

(4)『停電準備』モード

急な停電に備え、蓄電残量を多めにする運転モードです。残量の少ないときには、急速充電で素早く設定量に充電します。

2つの「おこのみ」運転モード

2つのおこのみモードで、最適な使用方法にカスタマイズできます。

(1)『自由おこのみ』モード

2つの独立したタイマーを自由に設定することで、お好みの充放電時間で運転できます。また、充電電力なども自由に設定でき、ライフスタイルにあったきめ細やかな運転が可能です。

(2)『経済おこのみ』モード

『経済おまかせ』モードでは設定できない充放電時間や充電電力が設定できるので、ライフスタイルに合わせたより経済的な運転が可能です。

コントローラの特長

シルバーフェイスを採用し、高級感をより訴求したデザインで操作ボタンと蓄電池の運転表示パネルをコンパクトに配置したコントローラです。

通信用アダプタを内蔵しているので、東芝グループで展開するHEMSと接続することができます。

写真:コントローラー
画面はイメージです。画面イメージは予告なしに変更されることがあります。

蓄電池本体イメージ

写真:蓄電池本体

蓄電池本体仕様および機能比較

項目 新製品 従来品
電池種類 リチウムイオン電池SCiB™
電池容量注2 4.4kWh 6.6kWh 6.6kWh
サイズ(mm) W780×H850×D300 W780×H1000×D300 W892×H1080×D302
質量 120kg 138kg 173kg
定格電圧 通常時:単相二線式200V 停電時:単相二線式100V
定格出力 通常時:2.5kVA
停電時:2.0kVA
通常時:3.0kVA
停電時:2.0kVA
設置場所 屋外
使用温度範囲 −20℃〜40℃注4 −20℃〜40℃
騒音値 35dB以下 45dB
取得認証 S-JET認証取得予定 S-JET認証取得予定 S-JET認証

注4  設置地域によっては、環境条件により設置できないことがあります。設置の環境条件については販売店にご相談ください。

システム全体構成

システム構成図
エネルギーモニターの画面はイメージです。画面イメージは予告なしに変更されることがあります。

このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

照明事業本部 住空間システム部
TEL 044-331-0759

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 渋谷 徹
本社 神奈川県横須賀市船越町1丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。