東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2015年 > HEMS住宅用分電盤 「スマートホームパネル」の発売について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

HEMS住宅用分電盤 「スマートホームパネル」の発売について

2015年2月26日

写真:スマートホームパネル

スマートホームパネル

東芝ライテック株式会社は、エネルギー計測ユニットを内蔵したコンパクトな家庭用エネルギーマネージメントシステム(HEMS)対応住宅用分電盤「スマートホームパネル」138機種を4月から発売します。

なお、本製品は、3月3日から6日まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「ライティング・フェア2015(第12回国際照明総合展)」に出展します。

家庭用エネルギーマネジメントシステム(HEMS)は、今後さらに進むと予想される再生可能エネルギーへのシフトや、国が取り組むZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の普及、2016年度に開始される電力小売りの全面自由化などにより、ますます重要性を増してきています。

この度当社が発売する「スマートホームパネル」は、消費電力の「見える化」等、HEMSの基本的機能を担う商品です。当社従来品では分電盤とは別に設置する必要のあったECHONET Lite™(注1)対応エネルギー計測ユニットを、分電盤に内蔵しています。加えて、電流センサーを内蔵した分岐ブレーカを全分岐回路に搭載することにより、施工性と施工品質の向上を図りました。内蔵するエネルギー計測ユニットは、主幹、分岐回路、ガス、水道(注2)、発電(2回路)を計測することができます。

「スマートホームパネル」は、当社の「ホームゲートウェイ」と有線LANで接続し、組み合わせて使用することで、家庭内でエネルギーの「見える化」ができる「SimpleHEMS」(注3)や、宅外操作も可能なクラウドサービス「フェミニティ倶楽部」(注4)を利用することが可能です。

今後、次世代電力量計「スマートメーター」と当社「ホームゲートウェイ」の間で採用している無線規格「Wi-SUN」(注5)に準じた方式、無線規格「Wi-SUN HAN」(注5)で「スマートホームパネル」と「ホームゲートウェイ」の間を接続する商品の発売も予定しています。

注1  ECHONET Lite™は、エコーネットコンソーシアムの登録商標です。

注2  ガスを計測するにはパルス発信器付きガスメーター、水道を計測するにはパルス発信式流量計が必要です。

注3  インターネットに接続しないで、パソコンやタブレットで家庭内での見える化表示や家電機器の操作が可能です。対応家電機器および対応台数(台数表記)はエネルギー計測ユニット(1台)、エアコン(4台)、スマートホームライティング(4台)、蓄電システム「エネグーン」(1台)、自然冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート™」(1台)です。(エコキュートは、関西電力株式会社の登録商標です。)

注4  家庭内のネットワークでつないだ各家電機器(エアコン、照明、床暖房など)をクラウドサービスする有料の会員向けサービスです。

注5  Wi-SUNとは、Wireless Smart Utility Networkの略です。
Wi-SUN HANとは、Wireless Smart Utility Network Home Area Networkの略です。

特長

1. ホームゲートウェイとの通信機能とエネルギー計測機能を住宅用分電盤内に搭載

当社の「ホームゲートウェイ」との通信機能(注6)を有するECHONET Lite™対応エネルギー計測ユニットを、分電盤の分岐回路配列部に搭載しています。当社従来品では分電盤とは別に設置する必要のあったこのユニットを、約4分の1のサイズ(注7)、薄形分岐ブレーカ3個分の幅に小形化するとともに、ブスバーに直接接続する構造としたことで電源用の分岐ブレーカを不要としています。これにより、当社従来品(分電盤とエネルギー計測ユニットの組み合わせ)に比べて、約13%の小形化を実現しています(注8)

また、「スマートホームパネル」の発売に合わせて太陽光発電システム用(注9)、自家発電用(燃料電池/ガス発電)2次送り専用連系ブレーカ(注10)も開発。必要に応じて分電盤の分岐配列部に搭載することで、スッキリと一体に収めることが可能です。

2. 全分岐回路に電流センサーを搭載し、施工性と施工品質を向上

「スマートホームパネル」は、住宅用分電盤内の全分岐回路に新開発の電流センサーを内蔵した分岐ブレーカを標準搭載しています。分岐回路の一つひとつ計測が可能なので、エネルギーの使用状況を細かく計測することが可能です。

また、分岐回路配線へのCT(注11)の取り付けが不要となることで、施工時間が短縮、施工品質の安定化が実現できます(主幹と発電回路の計測はCT方式です)。

注6  ホームゲートウェイとは有線LANで接続します。

注7  エネルギー計測ユニット(HEM-EM32A-B1)との比較。

注8  分岐回路26回路の当社製住宅用分電盤(オール電化用 TFYC6263BT-2U2HMQ)とエネルギー計測ユニット(HEM-EM32A-B1)の組み合わせと、スマートホームパネル(26分岐回路オール電化用 TFYC6263HT-3U2HMQ)との比較。

注9  太陽光発電システム用(過電圧保護機能付)連系ブレーカ:2次送り専用。薄形分岐ブレーカ2個サイズ。当社製スマートホームパネル、プチパネリア、プチパネリア プラス搭載専用。

注10  自家発電用(燃料電池/ガス発電)連系ブレーカ:2次送り専用。薄形分岐ブレーカ2個サイズ。当社製スマートホームパネル、プチパネリア、プチパネリア プラス搭載専用。

注11  CTとはCurrent Transformerの略で、計器用変流器のことです。

主な仕様

HEMS住宅用分電盤「スマートホームパネル」

HEMS住宅用分電盤
リミッタースペース なし
65機種 73機種
回路数+スペース数
標準仕様(最大機種の例)
26回路+3 26回路+3
ECHONET Lite™対応エネルギー計測ユニット
電源 単相3線AC100V 50Hz/60Hz
電源ブスバープラグイン方式(スマートホームパネル搭載専用)
計測仕様 主幹 1回路
分岐 30回路(最大)
ガス 1回路(パルス入力)
水道 1回路(パルス入力)
太陽光発電 1回路
燃料電池 1回路
通信仕様 通信方式 有線LAN
通信規格 ECHONET Lite™
外形寸法 上ユニット W:54mm D:92mm H:51mm
下ユニット W:70mm D:196mm H:39mm
電流センサー付分岐ブレーカ
極・素子数フレーム 2P・1E 30AF 2P・2E 30AF
定格電圧 AC100V AC100/200V
定格電流 20A 20A・30A
定格短絡遮断容量 2.5kA
過電流引外し方式 熱動電磁式
基準周囲温度 40℃
端子構造 電源側:プラグイン端子 負荷側:クランプ式速結端子
外形寸法 H:80mm W:18mm D:44mm(ハンドル含:55mm)
質量 0.1kg
最大許容電流 AC80A連続
適用周波数 30Hz〜80Hz
耐電圧 AC1500V 1分間
使用温度範囲 -10℃〜50℃

写真:スマートホームパネル

写真:スマートホームパネル

HEMS住宅用分電盤「スマートホームパネル」

写真:スマートホームパネル

システムイメージ

※ ガスを計測するにはパルス発信器付きガスメーター、水を計測するにはパルス発信式流量計が必要です。

発売日

HEMS住宅用分電盤「スマートホームパネル」(リミッタースペース付65機種、リミッタースペースなし73機種)2015年4月15日受注開始

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

EM商品部
TEL 044-331-0759 / FAX 044-548-9604

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 揖斐 洋一
本社 神奈川県横須賀市船越町一丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。