東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2015年 > 等々力陸上競技場へのLED照明機器の納入について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

等々力陸上競技場へのLED照明機器の納入について
サッカー競技点灯時の消費電力を約33%削減

2015年3月11日

東芝ライテック株式会社は、等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)のナイター照明として、LED照明器具(LED投光器)を納入しました。

等々力陸上競技場は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の川崎フロンターレがホームスタジアムとして使用するほか、日本陸上競技選手権大会などの陸上競技大会が開催されています。現在、メインスタンドの整備(2012年12月から2015年3月まで)が行われており、当社はナイター照明設備として、LED投光器を納入しました。

今回の整備では既設照明鉄塔4基の内、メインスタンド側の照明鉄塔2基(既設照明器具216台)を撤去し、新しく整備されたメインスタンドの屋根上部にLED投光器300台をライン状に設置しています。

納入したLED投光器は、ハイビジョン映像にも対応した高演色の平均演色評価数Ra80を達成しており、色鮮やかなユニフォームや芝の緑色などを忠実に再現します。

LED投光器への更新により、ピッチ内は既設照明設備と同じ1500ルクス以上の明るさを確保し、消費電力は、サッカー競技点灯時で約33%(注1)削減することができます。

なお、LED投光器によるナイター試合は3月18日から開始される予定です。

注1  当社LED照明器具300台の内でサッカー競技点灯時188台と従来照明器具216台の総消費電力量614,524W(156,604W+457,920W)と、従来照明器具432台の消費電力量915,840Wの比較。

写真:メインスタンド屋根上部に設置されたLED投光器

メインスタンド屋根上部に設置されたLED投光器

納入製品の概要

納入製品 LEDS-70403NN-LJ2(狭角配光)およびLEDS-70403NM-LJ2(中角配光)
(メタルハライドランプ1.5kW相当投光器)
器具光束 64,700[lm](狭角配光)、65,100[lm](中角配光)
平均消費電力 833W(AC200V)初期照度補正付
相関色温度 5,000K
平均演色評価数 Ra80
光源寿命 40,000時間
質量 27kg
納入台数 全300台

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

施設・屋外照明部 カスタム商品部 屋外カスタム担当
TEL 044-331-7567 / FAX 044-548-9605

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 揖斐 洋一
本社 神奈川県横須賀市船越町一丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。