東芝ライテック(株)トップページ > プレスリリース > 2017年 > 大分銀行ドームへのLED投光器の納入について

プレスリリース

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

大分銀行ドームへのLED投光器の納入について

2017年6月16日

写真:大分銀行ドーム

大分銀行ドーム

写真:小形メタルハライドランプ2kW器具相当LED投光器

小形メタルハライドランプ2kW器具相当LED投光器

東芝ライテック株式会社は、大分銀行ドーム(大分県大分市)のナイター照明設備として、高出力の小形メタルハライドランプ2kW器具相当をはじめとしたLED投光器784台を納入しました。

大分銀行ドームは、2002年のサッカーワールドカップにおいて九州地区では唯一の会場となっており、日本プロサッカーリーグ(J2)の大分トリニータがホームスタジアムとして使用しているほか、陸上競技大会や様々なイベントなどにも利用されています。
また、2019年に開催されるラグビーワールドカップの競技会場の1つに決まっています。

当社は、小形メタルハライドランプ2kW器具相当をはじめとしたLED投光器784台を、フィールド、客席、保安照明として納入しました。これにより従来のHID光源を使用した設備に比べて、消費電力を約47%削減しています(注)
小形メタルハライドランプ2kW器具相当は、当社のLED投光器のラインアップで最も光出力の高い商品であり、今回が初めての納入事例となります。当社は、今回のノウハウをいかし、今後スタジアムや競技場等のスポーツ施設照明に注力していきます。

大分トリニータの今年度最初の大分銀行ドームでのナイター試合は6月17日に実施される予定です。

注 従来設備(HID投光器 784台 総消費電力 1,238,680W)と納入品(LED投光器 784台 総消費電力657,500W)との比較。

納入製品と台数

LED投光器:784台

小形メタルハライドランプ2kW器具相当LED投光器:156台

メタルハライドランプ1.5kW器具相当LED投光器:456台

メタルハライドランプ1kW器具相当LED投光器:36台

メタルハライドランプ400W器具相当LED投光器:136台

お客様からのお問い合わせ

東芝ライテック株式会社

照明電材事業本部 施設・屋外照明事業部 施設・屋外商品第三部
TEL 044-331-7559 / FAX 044-548-9604

○ 東芝ライテック株式会社

代表者 取締役社長 揖斐 洋一
本社 神奈川県横須賀市船越町一丁目201番1
TEL:046-862-2000(代表)
URL:http://www.tlt.co.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。