東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > 車載用光源・UVシステム・産業用デバイス > UV関連製品 > 深紫外LED搭載流水殺菌装置

深紫外LED搭載流水殺菌装置

深紫外UV-LEDにより、耐塩素性の菌も殺菌可能、薬剤や水銀ランプ方式より安心・安全な流水殺菌装置を実現しました。

流量と照射タイプで4つのラインナップ(画像)

特長

  • 小形化と殺菌性能を両立する独自設計
  • 光源寿命の長寿命によるメンテナンスコスト削減
  • 高い耐水圧構造(最大1.0MPa)
  • オンデマンド運転による効率運転(低コスト)の実現
  • 薬品不要・水銀フリー
  当社装置 水銀ランプ搭載
装置
電解水 薬剤
殺菌効果 3 3 2 2
照度安定性 3 1    
人体への悪影響 無し 破損によるリスク 有害リスク 有害リスク
メンテナンス性 無し 定期交換要 定期交換要 定期交換要

※3:効果大、2:効果小、1:効果無

殺菌メカニズム

深紫外LEDの光が菌のDNAに作用し、増殖機能を破壊

DNA吸収スペクトルと深紫外LED発光領域(グラフ)
紫外線によって細菌のDNAにダイマーが形成される(イラスト)

利用シーン

純水:純水機器洗浄などに使われる純水精製に貢献します。/医療:歯科チェア用や救急医療用などの医療現場で貢献します。/地下水:地下水飲料化システムへの導入に貢献します。/養殖:牡蠣の浄化プール殺菌用などの水産現場で貢献します。

製品ラインアップ

  小流量タイプ 中流量タイプ 大流量タイプ
外観 装置の外観画像 装置の外観画像 装置の外観画像 装置の外観画像
流量 0.7L/min 2L/min 10L/min 100L/min
殺菌能力 大腸菌
≧99.9%
大腸菌
≧99.9%
大腸菌
≧99.9%
枯草菌(芽胞)
≧99.9%
最大使用圧力 0.5MPa 1.0MPa 1.0MPa 0.69MPa
電力 2.0W 2.0W 8.0W 130W
寸法
(継手除く)
Φ68×L103.5mm Φ90×L205mm Φ110×L229mm Φ170×1,286mm
質量 0.5kg 1.7kg 2.7kg 41kg
用途 医療用水
研究用途
医療用水
給水機
ウォーターサーバ
純水精製
養殖用水
純水精製
地下水
養殖用水

殺菌性能

処理前と処理後の比較画像
分析機関
一般財団法人 日本食品分析センター
試験菌
大腸菌、枯草菌、従属栄養細菌
試験方法
試験菌液の殺菌処理前後の生菌数を測定
項目 中流量タイプ(2L/min)
指標菌 大腸菌 枯草菌 従属栄養細菌
流量[L/min] 2 2 1.5 2
生菌数
[CFU/mL]
処理前 2.9×106 6.8×104 6.8×104 2.0×104
処理後 380 270 22 17
殺菌率[%] 99.98 99.68 99.97 99.92

低圧水銀ランプモジュールとの比較(100L/min対応)

流体・光学設計、深紫外線LED の採用により、大幅な省スペース化と100L/minの流量に対応した殺菌能力を両立を実現しました。

低圧水銀ランプ
モジュール
東芝ライテック製
UV-LEDモジュール
殺菌効果 99.9%以上 99.9%以上
寿命 8,000時間 約4.3倍 長寿命 35,000時間
最大使用圧力 0.69MPa 0.69MPa
電力 220W 約40% 省電力 130W
(オンデマンド運転により更なる低減)
質量 33kg 41kg
本体寸法
(継手除く)
Φ130×1,350mm Φ170×1,286mm
光源部寸法 Φ17×1250mm 長手約96% 縮小 Φ150×50mm

オンデマンド運転

瞬時立上り特性により、通水時のみの点灯が可能となり、ランニングコストの低減に貢献します。

東芝ライテック製UV-LEDモジュールと低圧水銀ランプモジュールの比較グラフ

メンテナンスエリア縮小

光源部を直径150mm、高さ50mmに小形化。メンテナンスエリアの縮小が可能になります。

光源部の小型化の説明画像

お問い合わせ

東芝ライテック 産業デバイス営業部

電話

UVシステム・産業用デバイス
044-331-7571

電話

車載用光源
044-331-7570

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。