東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > 施設・屋外照明器具 > LED屋外照明器具 > LEDソーラーライト

施設・屋外照明器具

商品ラインアップ

商品データベース検索

形名・キーワードで検索できます。

商品カテゴリから探す

形名索引から探す

詳細検索

LEDソーラーライト 自然の力で、暮らしと地球を考えた東芝のLEDソーラーライト

LEDソーラーライト(リチウムイオン電池SCiB™)の特長

  • 低温環境(周囲温度−20℃)でも使用可能
  • 約10年の電池寿命で省メンテナンス
  • 高所への蓄電池配置により、水没などの被害を軽減
  • 鉛・CO2排出ゼロ
  • 急速充電で使用範囲が拡大

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)の特長

  • 組立式ポールを採用し、省施工(ソーラーパネルタイプ)
  • 風の力を利用し発電量を補填、強風時にも配慮(プロペラ形風車)
  • 軽風からの発電が可能、360°全方向から風をキャッチ(サボニウス形風車)

LEDソーラーライトのラインアップ

このページのトップへ

LEDソーラーライト(リチウムイオン電池SCiB™)の特長

低温環境(周囲温度−20℃)でも使用可能※1

東芝製リチウムイオン電池SCiB™は鉛蓄電池に比べて※2低温環境に強く、マイナス20℃でも十分な充電、放電が可能です。−20℃〜35℃までほぼ同等の性能を維持しながら使用することが可能です。

※1 積雪地域はパネル角度の変更が必要です。

※2 鉛蓄電池の使用温度範囲は−10℃〜35℃。

約10年※3の電池寿命で省メンテナンス

鉛蓄電池※4より寿命が長く、電池交換の手間が省けます。

※3 使用状況・環境によって異なります。

※4 寿命は約5年です。(当社比較)

洪水時などの蓄電池の水没を低減

ポールの下部にバッテリーボックスを設置した鉛蓄電池タイプと比べて、ソーラーパネルの裏側に蓄電池を配置しています。そのため、洪水や津波などによる水害時にバッテリーの水没を低減でき、点灯を維持できる可能性を高めています。

パネル裏にシステム・バッテリーを収納

鉛ゼロ・CO2排出ゼロ

鉛を使用しない環境配慮型のリチウムイオン電池を採用しています。CO2排出量もゼロで環境に優しいソーラーライトです。

急速充電可能

急速充電により日照時間が短くても充電可能です。日照時間が短い地域でも7時間・14時間点灯が可能。

7時間・14時間点灯タイプが使用できる地域

このページのトップへ

LEDソーラーライト(リチウムイオン電池SCiB™)のおすすめ場所

災害時の避難場所に

停電・浸水が起きても充電された電気で点灯が可能なので、災害時の避難場所や誘導路の照明に適しています。また、日照時間短い地域でメリットを大きく発揮します。

公園や街路の景観照明に

公園や街路の景観照明や、送電が困難な場所の照明に適しています。

その他にも建物外構や駐車場・学校・集合住宅など、さまざまなシーンで使用可能です。

建物外構、学校、公園、歩道

このページのトップへ

LEDソーラーライト(リチウムイオン電池SCiB™)の設置基準

1. ソーラーライト(標準仕様)は太陽の日射量の関係から国内の設置可能地域の制約を受けます。使用環境によっては、十分な日射量が期待できないため、点灯時間が短くなる場合があります。別途お問合せください。

2. 下記のようなソーラーパネルへの日射が著しく減少する場所では設置に適しません。

・午前9:00〜午後3:00 の間、ソーラーパネルに影のできる場所。
(ソーラーパネルの一部に影ができると太陽光を電気エネルギーに変換できません。)

・夜間でも15lx以下にならないような場所。

・山岳地など冬季に積雪や雪の障害が発生する場所。

・ソーラーパネルを南向きに設置できない場所。

・落葉、粉塵、泥、鳥糞などによりソーラーパネルが汚される場所。

・外気温が極端に低い所。(−20℃以下)

・海岸や腐食性ガスの発生する場所で使用しないでください。腐食により器具や部品の落下の原因となります。

・振動の多い場所で使用しないでください。器具や部品の落下の原因となります。

・ソーラーライトの耐風速は60m/sです。
これ以上の風の影響を受ける場所で使用しないでください。器具や部品の落下の原因となります。

このページのトップへ

LEDソーラーライト(リチウムイオン電池SCiB™)のメンテナンス

清掃

(1) ソーラーパネルの受光面が汚れますとソーラーパネルの効率が低下し、充電不足の原因となりますので受光面を布等で拭いて清掃してください。

(2) 照明器具のカバー面が汚れますと照明効果が低下します。布等で拭いて清掃してください。

(3) 汚れがひどい場合は石鹸水、中性洗剤等で清掃してください。シンナー、ガソリン、ベンジン、アルコールなどの有機溶剤は絶対に使用しないでください。

点検と保守

安全にご使用いただく上で1年に1回は、以下の点検と保守をしてください。

(1) 充電状態、点灯、タイマー機能が正常に動作しているか確認してください。

(2) 寿命の際にはバッテリーの交換が必要です。交換の目安は約10年です。バッテリーの寿命は使用環境や周辺温度により変化しますが、交換せずに長期間使用する場合、経年劣化により定格点灯時間や蓄電容量を確保できなくなる可能性があります。

このページのトップへ

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)ソーラーパネルタイプの特長

組立式ポールを採用し、省施工

ポールが2つの部品に分かれているので、収納スペースの確保が容易になりました。また、2つに分けることにより、重量を軽量化。運搬作業や現場での施工性の効率化を実現します。

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)プロペラ形風車の特長

風の力を利用し、発電量を補填

太陽エネルギーに加えて風のエネルギーも利用し、より安定した充電を行います。

強風時にも配慮

風速15m/s以上の風が吹くと、強風保護機能が自動的に働き、風をそらしてプロペラの回転を抑える働きをします。過剰な回転を阻止しています。

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)サボニウス形風車の特長

低風速・低騒音

1.8m/sの軽風から発電、そして低騒音で回転数が少ないのが特長です。風の少ない場所や、市街地におすすめです。

全方向から風をキャッチ

水平全方向方式のため、風向きに方位制御を必要としません。360°どの方向からの風にも対応し風のエネルギーを効率よく活用します。

このページのトップへ

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)のおすすめ場所

災害時の避難場所に

停電・浸水が起きても充電された電気で点灯が可能なので、災害時の避難場所や誘導路の照明に適しています。また、日照時間短い地域でメリットを大きく発揮します。

公園や街路の景観照明に

公園や街路の景観照明や、送電が困難な場所の照明に適しています。

その他にも建物外構や駐車場・学校・集合住宅など、さまざまなシーンで使用可能です。

建物外構、学校、公園、歩道

このページのトップへ

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)の設置基準

1. ソーラーライト(標準仕様)は太陽の日射量の関係から国内の設置可能地域の制約を受けます。
右記の赤く塗られた部分は、7時間点灯タイプの標準仕様での設置が可能な地域の目安です。
緑に塗られた地域まで含んだ部分が14時間点灯タイプの標準仕様での設置が可能な地域の目安です。
その他の地域では、十分の日射量が期待できないため、点灯時間が短くなる場合があります。別途お問合せください。

>LEDソーラーライト(鉛蓄電池)が設置できる地域(地図)

2. 下記のようなソーラーパネルへの日射が著しく減少する場所では設置に適しません。

・午前9:00〜午後3:00 の間、ソーラーパネルに影のできる場所。(ソーラーパネルの一部に影ができると太陽光を電気エネルギーに変換できません。)

・夜間でも10lx以下にならないような場所。

・山岳地など冬季に積雪や雪の障害が発生する場所。

・ソーラーパネルを南向きに設置できない場所。

・落葉、粉塵、泥、鳥糞などによりソーラーパネルが汚される場所。

・外気温が極端に低い所。(−10℃以下)

・海岸や腐食性ガスの発生する場所で使用しないでください。腐食により器具や部品の落下の原因となります。

・振動の多い場所で使用しないでください。器具や部品の落下の原因となります。

・ソーラーパネル、ソーラーパネル+プロペラ形風車タイプの耐風速は60m/s です。これ以上の風の影響を受ける場所で使用しないでください。器具や部品の落下の原因となります。

・ソーラーパネル+サボニウス形風車タイプの耐風速は35m/sです。これを超える風速の影響を受ける場所ではサボニウス形風車の発電機能が損なわれ、故障の原因となります。また、風速60m/sを超える場所では器具や部品の落下の原因となります。

このページのトップへ

LEDソーラーライト(鉛蓄電池)のメンテナンス

清掃

(1) ソーラーパネルの受光面が汚れますとソーラーパネルの効率が低下し、充電不足の原因となりますので受光面を布等で拭いて清掃してください。

(2) バッテリーは、特に端子部分を点検・清掃して清潔に保ってください。

(3) 照明器具のカバー面が汚れますと照明効果が低下します。布等で拭いて清掃してください。

(4) 風車の周辺に回転を妨げるもの(積雪、木の枝など)がありましたら取り除いてください。発電の妨げになる上、故障の原因となります。

(5) 汚れがひどい場合は石鹸水、中性洗剤等で清掃してください。シンナー、ガソリン、ベンジン、アルコールなどの有機溶剤は絶対に使用しないでください。

点検と保守

安全にご使用いただく上で1年に1回は、以下の点検と保守をしてください。

(1) 充電状態、点灯、タイマー機能が正常に動作しているか確認してください。

(2) 鉛シール型バッテリーは補水は不要ですが、寿命の際にはバッテリーの交換が必要です。(バッテリーの寿命は使用環境や周辺温度により変化しますが、交換せずに長期間使用する場合、経年劣化により定格点灯時間や蓄電容量を確保できなくなる可能性があります。)交換の目安は約5年です。

(3) プロペラ形風力発電機の羽根(ブレード)は強化プラスチック製です。劣化などが見られた場合、プロペラ形風力発電機で交換してください。

(4) プロペラ形風力発電機の発電装置(ブラシ)が磨耗しますと、発電効率が低下するとともに、破損の原因となりますので5年程度を目安に交換してください。

(5) プロペラ形風力発電機の垂直尾翼(ラダー部)は、1年に1回グリスアップしてください。ファーリング機能に支障が生じ、故障の原因となります。

(6) サボニウス形風車は、キズ・へこみ・曲がり等がないか確認してください。塗装面にキズがある場合は補修してください。へこみ・曲がりが激しい場合は故障の原因となりますので風車の交換が必要です。

(7) サボニウス形風車の回転に異常がないか確認してください。回転がスムースでない場合、ベアリング部に注油してください。また、偏心が見られる場合にはメーカーにご連絡ください。軸の調整が必要です。

(8) サボニウス形風車の発電機のベアリングが磨耗しますと、故障の原因になります。5年程度を目安に確認してください。磨耗が激しい場合には発電機を交換してください。

(9) サボニウス形風車及び風車を固定しているビス類に緩みがないか確認してください。緩みがある場合には増し締めしてください。故障の原因となります。

このページのトップへ

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:365 日/ 9:00 〜 20:00 受付

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。