東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > 照明制御システム > パネルコントロール形SESL

パネルコントロール形SESL

  • 調光形
     調光4系統分の器具をコントロール。商業施設の省エネ制御におすすめです。
  • 調光調色器具対応形
     明るさだけでなく、色温度もコントロール。商業施設のあかりの演出におすすめ。
1台で最大4つのゾーンの照明を別々にコントロールできます。

売場ごとに4つのゾーンに分け、それぞれに明るさを設定し、シーンとして登録。最大8シーンまで登録できます。

あかりセンサー制御で売場環境に適した明るさをご提供します。

あかりセンサーで売場の明るさを検知しながら必要な明るさに制御します。

タイムスケジュール機能で時間別に合わせた明るさに調整します。

昼は明るく、夜は穏やかな明るさに、また、開店前、閉店後は最低限の明るさに自動制御。曜日、時間帯でシーンを設定できます。

運用例(小規模スーパーに導入した場合)

小規模スーパーに導入した場合の運用例(イメージ図)

店舗のタイムスケジュール例

シーン1:開店前のあかり(平面図)

シーン2:日中のあかり(平面図)

シーン3:繁忙期のあかり(平面図)

シーン4:夜間のあかり(平面図)

シーン5:閉店後のあかり(平面図)

上記の場合の経済比較

「Hf蛍光灯照明器具」と「パネルコントロール形SESL+LED照明器具の組合せ」の比較。

■ 経済比較

経済比較表

■ 照明器具配置図
照明器具配置図(図面)
43m×28mのスペースに照明器具を配置した照明器具配置図。
※ゾーン3は1系統あたりの接続台数を超えるため調光信号増幅器を使用。

■ イニシャル + ランニングコスト比較
イニシャル + ランニングコスト比較グラフ

[計算条件]●面積28m×43m ●器具台数94台 ●年間点灯時間4,750時間/年(13時間/日) ●使用電気料金単価22円/kWh ※工事費、光源清掃費、ランプ交換人件費は考慮しておりません。電気料金に基本料金は含んでおりません。

Hfインバーター方式 : FHT-92305-PN9 台数94台

LEDベースライト+パネルコントロール形SESLシステム :
LEDT-81141HNK-LD9 台数94台/DF-70403 台数1台/DF-20213AD2 台数1台/DF-20205NX 台数1台 とした場合。

店舗のタイムスケジュール例

シーン1:開店前のあかり シーン2:日中のあかり シーン3:繁忙期のあかり シーン4:夜間のあかり シーン5:閉店後のあかり
シーン1:開店前のあかり(平面図) シーン2:日中のあかり(平面図) シーン3:繁忙期のあかり(平面図) シーン4:夜間のあかり(平面図) シーン5:閉店後のあかり(平面図)

上記の場合の経済比較

「Hf蛍光灯照明器具」と「パネルコントロール形SESL+LED照明器具の組合せ」の比較。

■ 経済比較

経済比較表

■ 照明器具配置図
照明器具配置図(図面)
43m×28mのスペースに照明器具を配置した照明器具配置図。
※ゾーン3は1系統あたりの接続台数を超えるため調光信号増幅器を使用。

■ イニシャル + ランニングコスト比較
イニシャル + ランニングコスト比較グラフ

[計算条件]●面積28m×43m ●器具台数94台 ●年間点灯時間4,750時間/年(13時間/日) ●使用電気料金単価22円/kWh ※工事費、光源清掃費、ランプ交換人件費は考慮しておりません。電気料金に基本料金は含んでおりません。

Hfインバーター方式 : FHT-92305-PN9 台数94台

LEDベースライト+パネルコントロール形SESLシステム :
LEDT-81141HNK-LD9 台数94台/DF-70403 台数1台/DF-20213AD2 台数1台/DF-20205NX 台数1台 とした場合。

特長

特長1 4ゾーンの制御

ゾーン(系統)制御のイメージ図

売り場ごとに最大4つのゾーンに分けてコントロールし、最適な明るさ調整と省エネが図れます。

特長2 タイムスケジュール

タイムスケジュール機能を使用して、曜日、時間帯に合わせてあかり空間を演出できます。

特長3 8シーンの明るさ制御

各ゾーン毎の明るさを設定し、シーンとして登録。シーンは最大8つ(8シーン)まで設定でき、タイムスケジュール制御できます。

特長4 あかりセンサーで、ゾーンごとの制御が可能

昼光が十分に入っているときは明るさを抑える制御ができ、照明の無駄な使い方を省いて省エネを図れます。

さらに看板灯などの照明もコントロール可能

雨で暗い日中でもセンサーで看板灯の点灯ができます。

屋内の照明だけでなく看板灯などの屋外照明にも対応、幅広い利用が可能です。

システム構成図

■ 配線例

機器構成図

※ 4系統合わせて最大120台で1系統あたり最大65台まで接続できます。接続台数については照明器具の種類によって変わりますのでLED器具接続台数表にてご確認ください。
LED器具接続台数表 カタログ閲覧(カタログ閲覧へリンク)
最大接続台数を超える場合は別系統に接続するか、調光信号増幅器(DF-20213AD1、DF-20213AD2)を使用してください。

■ 信号配線図

信号配線図

調光信号線:AE線0.9〜1.2-2C相当

センサー信号線:AE線0.9〜1.2-3C相当

外灯信号出力線:AE線0.9〜1.2-2C相当

※1  センサーは別売りです。看板灯等の制御を行う場合はあかりセンサーの代わりに外灯センサーを接続してください。また外灯センサーの接続台数は最大1台までとなります。

※2  外灯信号出力端子台(DC12V)は、外光センサーと組み合わせる場合に使用します。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

※3  DC12Vの補助リレーで信号受けが必要です。

ラインアップ

DF-70403

照明制御コントローラー

商品情報検索リンクアイコン DF-70403

DF-20205NX

あかりセンサー

商品情報検索リンクアイコン DF-20205NX

TMSNJ05A

外光センサー(屋外用)

商品情報検索リンクアイコン TMSNJ05A

TMSNJ02A

外光センサー(屋内用)

商品情報検索リンクアイコン TMSNJ02A

DF-20213AD1、DF-20213AD2

調光信号増幅器

商品情報検索リンクアイコン DF-20213AD1(100V用)

商品情報検索リンクアイコン DF-20213AD2(200V用)

店舗・エントランス照明にオススメです。
明るさと色のシーンで空間を演出します。
スケジュール機能で時間帯によって自動的にシーンを切り替えます。

「明るさ」と「色」による多彩なあかり空間を演出

色温度3,000Kの例(写真)
色温度5,000Kの例(写真)

時間の流れに沿って、あかりのシーンを演出

10:00
店舗照明の例1(写真)
午前中は、明るく爽やかな光を演出してお客様をお出迎え
シーン1:色温度 4,000K
調光度 90%
16:00
店舗照明の例1(写真)
繁忙期は、高色温度、高照度を演出し活気で購入意欲を高めます
シーン2:色温度 5,000K
調光度 100%
20:00
店舗照明の例1(写真)
夜は明るさを抑え落ち着いた雰囲気でお買い物
シーン3:色温度 3,000K
調光度 70%

システム構成図

■ システム構成図

システム構成図

※1 調色信号線はΦ0.9〜Φ1.2の信号用電線(FCPEV)または警報用電線(AE線)をご使用ください。コントローラーと照明器具との配線最遠長は、200m以下となります。配線長が200mを超えた場合や器具の接続台数を増設したい場合は、調光信号増幅器を追加してください。さらに200m、器具200台を増設できます。

ラインアップ

DF-70801C

照明制御コントローラー

商品情報検索リンクアイコン DF-70801C


TMSNJ05A

外光センサー(屋外用)

商品情報検索リンクアイコン TMSNJ05A

TMSNJ02A

外光センサー(屋内用)

商品情報検索リンクアイコン TMSNJ02A

DF-20213AD1、DF-20213AD2

調光信号増幅器

商品情報検索リンクアイコン DF-20213AD1(100V用)

商品情報検索リンクアイコン DF-20213AD2(200V用)

仕様表

照明制御コントローラー DF-70801C

形名 希望小売
価格
(税抜)
電源
(AC)
(V)
制御
エリア数
調光
操作範囲
(%)
色温度
操作範囲
(K)
シーン数 Eco機能 スケジュール
DF-70801C \198,000 100

240
最大
4エリア
25

100
2700

5000
最大
8シーン
全エリアの明るさを
10%減光
2パターン
(最大8ステップ
/1パターン)

※ 減光率は設定変更可能

ご注意

● このページに掲載されている商品の取り付けには電気工事が必要です。

● 一般の方の電気工事は法律で禁止されていますので、取り付けは必ず工事店・電気店(有資格者)に依頼してください。

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:9:00 〜 18:00(日曜、祝日、年末年始を除く)

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

2020年4月10日
弊社における新型コロナウイルス感染拡大防止の影響への対応について

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。