東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > UVライティング > 空気循環式紫外線清浄機

本体内で空気に紫外線を照射。室内の空気をファンで循環させながら浮遊菌を除菌。 空気循環式紫外線清浄機
空気除菌(ファン付き)有人OK

  • 強力な除菌力を発揮します。
  • 人体に対しての影響がありません。
  • ランニングコストに優れています。
  • 食品の品質・保存性を向上させます。

空気循環式紫外線清浄機の特長

主な特徴

強力な除菌力を発揮します。

従来品と比較し実質風量を約2.5倍にアップ。より多くの空気を処理します。

人体に対しての影響がありません。

人に直接紫外線が当たらないので安全です。また薬剤を噴霧する除菌手法でないため、人やその他室内の品物に影響を与えません。

ランニングコストに優れています。

ランプの寿命は8000時間※1と長寿命。連続使用で約1年近く交換する必要がなく非常に経済的です。

食品の品質・保存性を向上させます。

空間がクリーン状態となり、食品の品質向上および保存性を向上させます。

※1 同梱ランプの場合

紫外線で浮遊菌を除去、クリーンな衛生環境をつくります

動作イメージ

直接、紫外線を照射するのではなく、室内の空気をファンで循環させながら除菌する方法です。内部で紫外線(253.7nm)を照射するため、紫外線が目に入るなどの人体に対する影響がありませんので、常時連続運転してクリーンな室内環境を維持することができ、清潔・快適環境を提供します。

おすすめ用途例

  • 食品工場・レストラン
  • 学校
  • 病院・医療施設
  • 家畜飼育場
  • 電子工場

循環試験データ

空気循環式紫外線清浄機を運転することにより、浮遊菌をどの程度除去できるかを試験チャンバーを用いて評価を行いました。評価方法は、日本電機工業会規格JEM1467「家庭用空気清浄機」の付属書 D「浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験」を参考。

● 試験概要

室内容量25m3[床面(3.3m×3.5m)×高さ2.2m]チャンバーの中央にFZS15201GL15/16を設置しネブライザーで試験菌液を噴霧して攪拌ファンで浮遊させ、経過時間毎にインピンジャーで吸引し浮遊菌を捕集。
捕集液または希釈液をTSA培地との混釈平板とし、36±1℃で48時間培養
試験菌:Bacillus subtilis ATCC6633(枯草菌芽胞)

試験依頼先:一般財団法人 北里環境科学センター(報告書番号:北生発 26_0309号)

● 経過時間ごとの浮遊菌数(CFU/50 L-air)
自然減衰と空気循環式紫外線洗浄機との比較表
● 試験室内の浮遊菌数の推移
自然減衰と空気循環式紫外線洗浄機との比較グラフ

UV-C室内空気除菌機 商品仕様

UV-C室内空気除菌機 128W UVC-AIR128W

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:9:00 〜 18:00(日曜、祝日、年末年始を除く)

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

2020年4月10日
弊社における新型コロナウイルス感染拡大防止の影響への対応について

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。