アートライティングのトップページ > 製品紹介 > 安全にお使いいただくために

安全にお使いいただくために

本ウェブサイトに掲載された製品については、下記の警告・注意事項を守り、安全にご使用ください。

警告:取扱いを誤った場合、使用者が死亡または重傷を負う可能性が想定される場合、軽傷または物的損害が発生する頻度が高い場合。

注意:取扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負う可能性が想定される場合および物的損害のみの発生が想定される場合。

警告:照明器具類、照明機材

  • 演出空間用の器具です。演出空間の用途以外には、使用しないでください。  
    一般用の照明器具として使用する製品ではありません。
  • 器具の本体質量に見合った取付金具を使用してください。  
    取付金具の選定を間違うと落下し、物的損害・けがの原因となります。
  • 器具の使用角度に制限のある器具があります。本体表示および取扱説明書に従って正しく使用してください。  
    使用角度範囲を超えると、器具の破損・電球の破裂の原因となります。
  • 器具の取付・設置には、可燃物と器具周辺面(照射方向を除く)との最小距離を本体表示および取扱説明書に従って正しく取付けてください。指定距離より近すぎると、火災の原因となります。
  • 集光型照明器具と被照射面の距離は、本体表示および取扱説明書に従って充分な距離をとってください。  
    指定距離より近すぎると、被照射物の火災の原因となります。
  • 器具の取付・設置時は、電源コードを器具本体に接触しないように取付けてください。  
    接触していると火災の原因となります。
  • 器具の点灯中および消灯直後は、本体周辺を素手で触らないでください。  
    本体周辺が高温のため、やけどの原因となります。
  • 放電灯照明器具は高電圧を発生する器具のため、弊社指定の使用条件で使用してください。  
    使用条件を厳守されないと、感電・火災の原因となります。
  • シャッタは、閉口部に指を入れないでください。けがの原因となります。
  • ランプ・電球には、ガラス球内部の圧力が高いものがありますので、落としたり、物をぶつけたり、無理な力を加えたり、傷をつけると破損の原因となります。
  • ランプ・電球の取付け、取外しや器具清掃のときは、必ず電源を切ってください。感電の原因となります。

注意:照明器具類、照明機材

  • 器具の取付・設置前に必ず取扱説明書または注意書をよくお読みください。  また、お読みいただいた後は大切に保管し、必要なときにご活用ください。
  • 器具は屋内用です。屋外で使用しないでください。屋外で使用すると、感電・火災の原因となることがあります。
  • 器具は最高周囲温度以下で使用してください。破損・変形・火災と電球の破裂の原因となることがあります。
  • 器具の取付・設置に方向性のある器具があります。本体表示および取扱説明書に従って正しく取付けてください。  指定以外の取付を行うと、器具本体の破損や火災・けがの原因となることがあります。
  • 器具の取付・設置には、器具本体の落下防止ワイヤーを取扱説明書に従って正しく取付けてください。  確実に取付けないと取付器具等の破損により器具が落下し、物的損害・けがの原因になります。
  • 器具のフィルタホルダ枠にカラーチェンジャ等の付属品を装着する場合は、フィルタホルダ枠の許容荷重に見合った付属品を使用してください。器具本体の破損、付属品が落下し、物的損害・けがの原因となります。
  • 電球は指定された電球を使用してください。
    指定以外(適合しない)の電球を使用すると、器具の破損、電球の破裂の原因となります。
  • 電球の装着は、電球ソケットに確実に装着してください。  確実に装着されないと電球・電球ソケットの破損の原因となります。
  • 交換部品は、弊社指定の純正部品を使用し、取扱説明書に基づき確実に処理をしてください。
    器具の機能劣化・感電・火災の原因となります。
  • 放電灯照明器具および電源ボックスは、許容周囲温度範囲内で使用してください。
    ランプの不点灯や破損の原因となることがあります。
  • 放電灯照明器具および電源ボックスの取付・設置に方向性のある器具があります。
    本体表示および取扱説明書に従って正しく取付けてください。  指定以外の取付を行うと、器具本体の破損や火災・けがの原因となることがあります。
  • 放電灯照明器具は紫外線を微放射しますので、長時間にわたり人体に浴びないように注意してください。
  • 点灯中や消灯直後はランプ・電球が熱いので絶対に手や肌などを触れないでください。やけどの原因になります。
  • 点灯中のランプ・電球を間近で長時間見つめると目の痛みの原因になります。

警告:配線・取付機材

  • 出空間用の配線・取付機材です。演出空間の用途以外には、使用しないでください。  一般用の配線・取付機材として使用する製品ではありません。
  • 照明器具・照明機材の本体質量に見合ったハンガーを使用してください。
    ハンガーの選定を間違うと落下し、物的損害・けがの原因となります。

注意:配線・取付機材

  • 配線機材は屋内用です。屋外で使用しないでください。また湿気や水気のあるところで使用しないでください。
    屋外や湿気・水気のあるところで使用すると、感電・火災の原因となることがあります。
  • 取付機材は屋内用です。屋外で使用しないでください。また湿気や水気のあるところで使用しないでください。
    屋外や湿気・水気のあるところで使用すると、さび等による機能劣化の原因となることがあります。
  • 据付施工は主任電気工事士の管理のもと行ってください。
    なお、電線相互を接続する作業は電気工事の有資格者が行ってください。
  • ハンガーの取付に方向性があります。本体表示に従って正しく取付けてください。
    指定以外の取付を行うと、落下などにより照明器具、照明機材の本体破損、物的損害・けがの原因となります。
  • ハンガーが使用可能なパイプ径に範囲があります。
    使用可能範囲以外で使用すると、落下などにより照明器具、照明機材の本体破損や物的損害・けがの原因となります。
  • プラグ、コネクタの抜き差しは、必ずプラグ、コネクタを持って行ってください。コードの断線や故障の原因となります。
  • 取付機材のネジ類は、振動等で緩む場合があり取扱説明書に基づき処置をしてください。
    落下などによる物的損害・けがの原因となります。

警告:測定器

  • 演出空間用の測定器です。演出空間の用途以外には、使用しないでください。
    一般用の測定器として使用する製品ではありません。
  • 絶縁測定中は、高電圧が発生します。コネクタの導電部に触れると感電のおそれがあります。
  • 測定器を分解したり、改造しないでください。感電・故障の原因になります。

注意:測定器

  • 安全にご使用いただくために、測定器の使用前に必ず取扱説明書または注意書をよくお読みください。
    また、お読みいただいた後は大切に保管し、必要なときにご活用ください。
  • 測定器は屋内用です。屋外で使用しないでください。また湿気や水気のあるところで使用しないでください。
    屋外や湿気・水気のあるところで使用すると、感電・故障の原因となることがあります。
  • 高熱を発生しているもののそばで使用しないでください。火災・故障の原因となります。
  • 絶縁抵抗測定のときは、「絶縁測定可能表示ランプ」が点灯していることを確認してから行ってください。
    ランプが点灯していない状態では、正しく測定ができません。
  • 落としたり、ぶつけたりしないでください。破損、亀裂、変形によりけがの原因となります。
  • 測定器に過度の衝撃を与えないでください。断線、故障の原因となります。
  • プラグ、コネクタの抜き差しは、必ずプラグ、コネクタを持って行ってください。
    ケーブルの断線や故障の原因となります。
  • 指定された電圧の範囲内の測定に使用してください。正しい測定が行えなかったり、故障の原因となります。
  • 測定器に適合しない照明器具類の測定(放電灯照明器具のランプチェックなど)に使用しないでください。
    故障の原因となります。
  • 電池は、指定の電池を使用してください。指定以外の電池を使用すると、故障の原因となります。
  • 電池の交換時は、新しい電池と古い電池を混ぜて使用しないでください。正常に作動しないことがあります。

警告:調光機器関係

  • 装置の通風口をふさぐ物を、周囲に設置したり置かないでください。
    ふさがれていると装置内部温度が上昇し、火災・故障の原因になります。
  • 装置の通電点検は、電気工事士などの有資格者が行ってください。感電の恐れがあります。
  • 装置の分解・改造は行わないでください。火災・感電・故障の恐れがあります。

注意:調光機器関係

  • 装置は屋内用です。屋外に設置しないでください。屋外で使用すると、火災・感電・故障の原因になります。
  • 装置は発熱します。必ず換気された場所に設置してください。火災・感電・故障の原因になります。
  • 直射日光・高温・多湿・塵埃・腐食性ガス・振動・衝撃等の環境は避けて設置してください。
    火災・感電・故障の原因になります。
  • 装置の正常動作を維持するために、定期的に製造業者、専門業者の点検・調整を受けてください。
  • 調光器に適合しない電気機械器具を接続しないでください。
    調光器の故障や電気機械器具の焼損・故障の原因になります。

[  ] 内は商品コードです。

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。