LEDベースライト TENQOOシリーズ グレア抑制LEDバー 視界に飛び込むまぶしいあかりを低減。明るさの確保と快適な視環境の両立を実現させました。

LEDベースライトTENQOOシリーズ グレア抑制LEDバーの特長

まぶしさ抑制構造のLEDバー

視点の動きが少ないオフィスの執務空間や一カ所に継続的に留まることが多い会議室など従来蛍光灯器具でアルミルーバーや白色バッフルをご使用しているエリアにおすすめです。

高い省エネ性、無線制御調光対応、お求めやすい価格帯

グレア抑制レベルに応じた2タイプをラインアップ

リモコン点検機能のイメージ

DGタイプ

外側カバーで直交視(A方向)を、波状カバーで平行視(B方向)のまぶしさを抑制します。従来蛍光灯器具でアルミルーバーや白色バッフルを使用しているエリアにおすすめです。

CGタイプ

外側カバーで直交視(A方向)のまぶしさを抑制します。視線方向が固定される講堂や窓口業務をおこなう執務エリアなどにおすすめです。

直付形W230:器具全長は非常灯が15cm長い

DGタイプ(グレア分類G1a/UGR19〜21レベル相当)

埋込形W300:器具全長は同寸法

CGタイプ(グレア分類A方向G1b相当)

UGR段階とグレアの程度との関係

UGR段階 グレアの程度
28 ひどすぎると感じ始める
25 不快である
22 不快であると感じ始める
19 気になる
16 気になると感じ始める
13 感じられる
10 感じ始める

JIS Z 9110:2010 「照明基準総則」より抜粋

照明器具のグレア分類と輝度の制限値

グレア分類 グレア制限の程度 輝度の制限値(cd/m2
鉛直角65° 鉛直角75° 鉛直角85°
V VDT画面への映り込みを厳しく制限した照明器具 200 200 200
G0 不快グレアを厳しく制限した照明器具 3,000 2,000 2,000
G1a 不快グレアを十分制限した照明器具 7,200 4,600 4,600
G1b 不快グレアをかなり制限した照明器具 15,000 7,300 7,300
G2 不快グレアをやや制限した照明器具 35,000 17,000 17,000
G3 不快グレアを制限しない照明器具 制限なし

JIS C 8106:2015 「施設用LED照明器具・施設用蛍光灯器具」より抜粋

用途に応じて選べるラインアップ

サイズタイプとして、40タイプと20タイプをラインアップ。施設全体のリニューアルにもおすすめです。さまざまな器具に対応可能 なため、オフィスの執務空間だけでなく生産現場や診察室など、まぶしさを抑えたいさまざまな空間でご使用いただけます。

ラインアップ

光の広がり方が違うグレア抑制LEDバー

グレア抑制LEDバーの光の広がり方(写真)グレア抑制LEDバー
DGタイプは直交視と平行視のまぶしさを抑制、CGタイプは直交視のまぶしさを抑制する配光制御

一般タイプLEDバーの光の広がり方(写真)一般タイプLEDバー
シェルシェイプ構造による光を広げる光学設計

グレア(まぶしさ)とは?
視野の中に非常にまぶしい光(輝度の高い光源、窓、光沢面の正反射など)や、極端な強弱の輝度差をもった光や面があると視力や見え方の低下を引き起こすだけでなく、不快感、目の疲労などにつながります。これらの視知覚をグレア(まぶしさ)とよんで、照明の良し悪しを判断する一つの目安としています。

仕様比較

TENQOOシリーズ、グレア抑制LEDバーは従来蛍光灯器具にお使いの白色バッフル、高効率アルミルーバーと同等以上にグレアを抑えた照明設計が可能。導入コストを抑え、これまで同様の明るさも確保ができます。

仕様比較の表

[計算条件]●空間18m×9m、天井高さ2.7m ●計算面高さ0.8m ●反射率:天井50%:壁30%:床面10% ●設置台数40台 ●保守率:蛍光灯器具=0.69、LED=0.81 ●電源電圧200V ※1 UGR値につきましては、(一社)日本照明委員会JCIE-002「屋内作業場の照明基準設計ガイド」UGR計算方法より算出しています。実際の使用条件によっては19〜21レベルを外れる場合があります。※2 水平面照度 

LEDベースライトTENQOOシリーズ グレア抑制LEDバーを組み合わせた器具のラインアップ

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:365 日/ 9:00 〜 20:00 受付

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。