東芝ライテック(株)トップページ > お客様サポート > Q&A > 配線器具 / ライティングレール Q&A

ライティングレール Q&A

  • Q
  • 個人
  • ビジネス
  • 選び方
  • ライティングレール関連商品のラインアップを教えてください。
A

多様なラインアップを取り揃えております。以下のページにてご確認ください。
リンクライティングレール「商品・部材一覧ページ」

  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • 接地極がついているレールと接地極のついていないレールはどう使い分けるのですか?
A

器具内2次側電圧が200Vの照明器具を取り付ける可能性がある場合には、接地極付をおすすめします。
電気設備技術基準より、『使用電圧(二次電圧を含む)が150Vを超えるライティングレール用器具には、接地極付ライティングレールを選定し施工してください』とあります。
また、接地極付きコンセントプラグをご使用する際には接地極付きのレールをご使用ください。

  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • L形ジョインタと逆L形ジョインタ、T形ジョインタ(左)とT形ジョインタ(右)の違いは何ですか?
A

内部の配線が異なります。

内部の配線
  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • ジョインタからの給電は可能ですか?
A

I形ジョインタ、L形ジョインタ、逆L形ジョインタ、T形ジョインタ、+形ジョインタからの給電が可能です。

  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • ジョインタ内での回路分割は可能ですか?
A

I形ジョインタ、L形ジョインタ、逆L形ジョインタ、T形ジョインタ、+形ジョインタでの回路分割が可能です。

ジョインタ
  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • ライティングレールを切断加工することは可能ですか?また取付穴を自分で開けることは可能ですか?
A

ライティングレールはアルミ製のため、切断や取付穴の加工が容易に行えます。
軽量パイプ吊具(アルミ製)も切断して長さを調節することが可能です。

切断して長さを調節

(ご注意) ジョインター類を取りつけるため、レール切断は取付穴より、50mm以上離れた位置でおこなってください。

●パイプの長さ加工方法
1. 調整する長さ分(短くする長さ分)をパイプの天井側から切断してください。
2. 切断面から10mm下にΦ4.5の穴をあけます。
3. 切断面に保護ブッシュ(元のパイプに組込まれています。)を取り付けてください。
4. パイプをサポート金具に取り付けてください。

切断して長さを調節
  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • 接地極付ライティングレールで、接地極が取付穴で途絶えていてもアースはとれているのですか?
A

レール本体が金属製筐体のため、本体を通してアースの連続性が保たれているためアースがとれます。
なお、取付穴位置に器具(照明器具・プラグ)の設置を行わないでください。

取付穴位置
  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • 接地極のついていないライティングレールでアースはとれないのですか?
A

レールの塗装等により、照明器具やプラグのアースピンとの接触が不完全となることがあるためアースをとることができません。

  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • ライティングレールを壁に取り付けることは可能ですか?
A

人が容易に触れることのできない、床面から1.8m以上の壁に施設し、開口部に別売のライティングレールカバーを取り付ける場合のみ取付可能です。また、壁面取付対応器具をご選定ください。

壁面取付対応器具例
  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • 傾斜天井にライティングレールを取り付けることは可能ですか?
A

接触不良,器具落下等の恐れがあるため、ライティングレールを傾斜天井に取り付けることはできません。

  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • レールの耐重量は何kgですか?
A

直付もしくは埋込にて付属ねじを50cm間隔で取り付けた場合、レール1mあたり器具の総重量18kgまでご使用になれます。パイプ吊具を使用する場合、パイプ吊具の取付間隔1mでは器具の総重量18kgまで、最長1.5mの場合は総重量10kgまでご使用になれます。

<耐重量
耐重量
  • Q
  • ビジネス
  • 据付・工事
  • ライティングレール、レール用プラグ、ジョインタ等は他社との互換性がありますか?
    ライティングレールに他社照明器具を取り付けたいのですが取付可能ですか?
A

JIS C8366に準拠しておりますので、プラグ、コンセントプラグ、アダプタ、照明器具等の取り付け互換性はあります。但し、レールに対してジョインタ類の互換性はありません。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。