東芝ライテック(株)トップページ > お知らせ > 展示会情報(2015年の情報) > ライティング・フェア2015(第12回 国際照明総合展)

ライティング・フェア2015(第12回 国際照明総合展)

開催終了ライティング・フェア2015(第12回 国際照明総合展)
(株)東芝・東芝ライテックのブースへ多数ご来場いただき、誠にありがとうございました。

東芝ブース外観イメージ

東芝ブース外観

快適・安全で利便性の高い光環境の構築に欠かせない最新照明製品や、照明の性能を向上させる制御システム、測定装置などの新製品を幅広く紹介する日本最大級のあかりの総合展「ライティング・フェア2015(第12回 国際照明総合展)」が、「Jump to the next(次のあかりの世界へジャンプ)」をテーマに開催されました。

ご来場いただき、誠にありがとうございました。

展示会情報

会期 2015年3月3日(火)〜6日(金)[4日間] 10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」西1・2ホール
※ 東芝グループは西2ホール・ブース番号LF2050
主催 一般社団法人日本照明工業会、日本経済新聞社
入場 2,000円
(公式サイトでの事前登録で無料)
公式サイト http://www.lightingfair.jp/ 外部リンク

出展概要

東芝125周年

東芝ブースでは、今年125周年を迎える総合照明メーカーのリーディングカンパニーとして、東芝が今までに培ってきた信頼の技術、商品、サービスをご紹介させていただきました。オフィス、ショップ、ホームにおけるエネルギーマネージメントによる省エネと快適性の両立、工場・倉庫や病院、屋外などで省エネ・省メンテを実現する、より専門性の高いLED照明など新しいサービス・新しい製品を「あかりから広がるソリューション」をテーマとしてご提案させていただきました。

「125周年」記念展示

東芝の照明関連事業125周年の歴史に裏打ちされた新製品とあかりから広がるソリューションをご紹介いたしました。

「省エネ大賞」受賞製品の展示

平成26年度「省エネ大賞」の「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した、LED電球(PREMIUM調光technology搭載)、舞台・スタジオ用 LEDスポットライト「FORTEX[フォルテックス]シリーズ」を出展いたしました。

本製品は、なめらかに調光することが可能なLED電球と、舞台・スタジオなどで使用される大型LEDスポットライトです。

ショップ

照明制御(調光・調色)を活用した、タイムセールの演出実演や、キレイ色による売場の見え方を比較をご紹介いたしました。。また、仮想店舗における、照明と空調の省エネ比較をご紹介いたしました。さらに、HEMS技術を応用した店舗エネルギーマネージメントについても、ご提言させていただきました。

HEMS(住宅照明&配線器具)

「環境」「からだ」「こころ」のコンセプトを通して、東芝HEMSで今できること、これからできることをご紹介いたしました。

オフィス

東芝のスマートBEMSによる、ビル全体の省エネ対応をご紹介いたしました。制御技術による色温度・照度の最適な執務環境のご提案や、LEDベースライト TENQOOシリーズの施工性や構造が分かる体感展示を実施いたしました。

病院

病室、MRIなど特殊環境における専用器具を出展いたしました。

屋外用照明

LED街路灯、LEDソーラーライト、2kW効率重視形メタルハライドランプ器具相当のLED投光器など、各施設に適した照明器具のご提案をいたしました。

その他

LED非常用照明器具、体育館照明、LED電球を出展いたしました。

関連情報

断熱材施工器具・密閉形器具にも対応したLED電球6機種の発売について

LED電球ハロゲン電球形「調光器対応モデル」の発売について

HEMS住宅用分電盤 「スマートホームパネル」の発売について

ブース風景

東芝ブース全景

東芝ブース全景

省エネ大賞・125周年記念展示コーナー

省エネ大賞・125周年記念展示コーナー

125周年記念展示コーナー外観

125周年記念展示コーナー外観

ショップライティング・EMSコーナー

ショップライティング・EMSコーナー

ホームライティングコーナー

ホームライティングコーナー

ホスピタルライティングコーナー

ホスピタルライティングコーナー

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。