LEDベースライト TENQOOシリーズ 防湿・防雨形 軒下・屋外通路・アーケードなど、雨線内の天井面もしくは壁面に

LEDベースライトTENQOOシリーズ 用途別 防湿・防雨形の特長

用途に合わせて選べる充実のラインアップ

器具タイプや明るさなど豊富なラインアップから、使用環境に合わせた組み合わせをお選びいただけます。

器具本体とLEDバーのラインアップ図

片反射笠器具も新たにラインアップ

隣家と距離の近い軒先などにおすすめ。遮光ができる片反射笠器具も新たにラインアップしました。

片反射笠器具のイメージ画像

ビス止め構造でバーの保持力アップ

風の吹き込む軒下などでも、LEDバーの浮きや外れを防ぐことができます。

ビス止め構造のイメージ画像

従来品とモデルチェンジ品の比較

電源をLEDバー側に配置し、LEDバーの保持をビス止めとする新構造です。
施工性に配慮しLEDバーはコネクタ接続不要、さらに本体とLEDバーの勘合性も高め耐風圧金具が不要の構造です。

従来品とモデルチェンジ品の比較図

110タイプの電圧フリー化(100V〜242V対応)

今まで対応が困難であった電源電圧100Vの中小規模の工場や倉庫の軒下などにもご提案が可能になります。

LS2 200〜242V LS9 100〜242V

20タイプの電源穴センター化

20タイプの電源穴を器具センターに配置。リニューアル時の施工性を改善することが可能です。

従来品とモデルチェンジ品の電源穴の位置比較図

LEDベースライトTENQOOシリーズ 用途別 ステンレス防湿・防雨形の特長

防湿・防雨形の取付け場所の例(イラスト)

防湿・防雨タイプのLEDバー採用

右図のような軒下・屋外通路・アーケードなど、雨線内の天井面もしくは壁面にお使いいただけます。スタンダードタイプと同じくLEDバーの取り付け構造はトーションバネを採用しているのでLEDバー交換時も容易にお取替えが可能です。ご使用につきましては製品仕様書・取扱説明書をご確認ください。

防湿・防雨形の取付け場所の例(イラスト)
防湿・防雨形の取付け場所の例(イラスト)

LEDバー端部にゴムパッキンを使用し、カバー内の防雨・防湿性能を確保。スタンダードタイプと同様の明るさ展開で従来蛍光灯に置き換わる豊富なラインアップ展開です。

SUS430とSUS304の比較(耐食性試験結果)

防湿・防雨ステンレスタイプ

ステンレスは、SUS430よりも耐食性に優れるSUS304を主部品に採用。

蛍光灯器具に代わるラインアップでIP23防湿性能

※ 防水器具保護性能:相対湿度90%を超えることが想定される場所での使用が可能。(但し周囲温度5〜35℃)垂直から60°までの角度の散水に対して有害な影響がない。直径12.5mm以上の固形物が内部に侵入しない。

LEDベースライトTENQOOシリーズ 用途別 防湿・防雨形のラインアップ

LEDベースライトTENQOOシリーズ 用途別 ステンレス防湿・防雨形のラインアップ

お問い合わせ

東芝ライテック商品ご相談センター

商品のお問い合わせは、下記窓口にて受け付けています。
修理のご相談は、お買い上げの販売店(工事店)様、または下記窓口にて受け付けています。
受付時間:9:00 〜 18:00(日曜、祝日、年末年始を除く)

一般固定電話など

一般固定電話など
(通話無料)
0120-66-1048

携帯電話など

携帯電話等(通話有料)
046-862-2772

FAX

FAX
0570-000-661

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

2020年4月10日
弊社における新型コロナウイルス感染拡大防止の影響への対応について

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。