画像検査装置

器具画像

異物混入の例(画像)

X線検査装置、金属探知機では検知できない食品表面に付着する異物(汚れ、軟質系樹脂、等)の検査を行う装置です。照明メーカーならではの光学技術により、食品工場内での異物混入のリスクを大幅に軽減します。

特長

  • 高画素CCDカメラの採用により、最小□1mmの異物検査が可能です。
  • 光源の高照度化により、高速搬送(最大80m/min)での検査が可能です。
  • オンライン全数検査により、検査工程の工数削減が可能です。
  • 製造ラインのコンベア長(川幅方向)に併せたカスタマイズ設計も可能です。

装置導入によるメリット

装置導入によるメリットの図

仕様※1

項目 可視光線画像検査装置 紫外線画像検査装置
装置寸法※1 700(L)×550(W)×900(H)mm 800(L)×800(W)×600(H)mm
装置重量 70kg 75kg
電源 AC100V 50/60Hz 15A AC100V 50/60Hz 15A
Peak波長 400〜780nm 365nm
冷却方式 空冷 空冷
照度 18,000lx※2 4.0mW/cm2 ※3
有効検知幅※4 250mm 350mm
搬送速度 0〜80m/min 0〜25m/min
異物検知サイズ ≧□1mm ≧□1mm
寿命 8,640時間 4,000時間
使用環境 温度5〜35℃、湿度35〜60%RH 温度5〜35℃、湿度35〜60%RH
検知対象物 パン生地等に付着する汚れ、軟質系樹脂、誤字脱字、等 蛍光異物、軟骨、等

※1 コンベアは含まれて降りません。コンベア込みでの対応も可能です。

※2 コニカミノルタ製 ILLUMINANCE METER T-10(at 560nm)

※3 ORC製 UV-MO3 UV-SN35(at 365nm)

※4 お客様のご要望に合わせたカスタマイズ設計が可能です。

検査事例

軟質系樹脂(光源:可視光)

軟質系樹脂の検査事例の写真

フライ衣剥がれ(光源:可視光)

フライ衣剥がれの検査事例の写真

枝豆粒数(光源:可視光)

枝豆粒数の検査事例の写真

軟骨(光源:紫外光)

軟骨の検査事例の写真

お問い合わせ

東芝ライテック 産業デバイス営業部

電話

UVシステム・産業用デバイス
044-331-7571

電話

車載用光源
044-331-7570

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。