東芝ライテック(株)トップページ > 商品紹介 > 車載用光源・UVシステム・産業用デバイス > UV関連製品 > 除菌脱臭光触媒モジュール

除菌脱臭光触媒モジュール

特長

  • モジュール内の光触媒表面で悪臭・細菌・ウイルスを酸化分解する為、人体への影響無し
  • 光触媒にLED光源を備え、暗所でも使用可能
  • 分解し難いエチレンも分解可能で、野菜・果物の鮮度保持にも効果
  • LED光源の為、長寿命、電力コスト低減を実現
  • コンパクトサイズの為、省スペースな場所へ設置可能

光触媒による除菌・脱臭のメカニズム

光触媒 除菌・脱臭:光触媒に光を照射すると活性酸素とOHラジカルを生成、ニオイを水と二酸化炭素に分解、ウイルスや菌の活動を抑制します。

光触媒に光を照射すると活性酸素とOHラジカルを生成、ニオイを水と二酸化炭素に分解、ウイルスや菌の活動を抑制します。

利用シーン

※除菌脱臭光触媒モジュールは機器組込み用としてご利用ください。

下駄箱(イメージ画像)
個室会議室(イメージ画像)
保管庫(イメージ画像)
ロッカー(イメージ画像)
トイレ(イメージ画像)
冷蔵庫、冷蔵ショーケース(イメージ画像)

※画像はイメージです。

製品仕様

  仕様
外観 器具画像
推奨容量 0.5m3
サイズ
W×H×D
50 × 40 × 26mm
質量 0.03kg
ユーティリティ DC12V
0.04A
モジュール操作
(外部制御のみ)
除菌機能 光触媒
脱臭機能 光触媒
用途 冷蔵庫、トイレ、など
(機器組み込み用)

除菌・脱臭効果

脱臭効果

チャンバーに対象ガスを封入、光触媒モジュールを動作させ濃度変化を測定。

測定機関:東芝ライテック株式会社
チャンバー容積:27ℓ
風量:15ℓ/min
温度:25℃、湿度:50%

脱臭効果の測定結果(グラフ)

除菌効果

チャンバーに対象菌を封入、光触媒モジュールを動作させ菌数を測定。

測定機関:(一財)北里環境科学センター
試験番号:01002

除菌効果の測定結果(グラフ)

※ 記載した抗ウイルス、除菌効果は、外部機関による試験結果であり、実使用条件下での性能を保証するものでありません。

鮮度維持効果

チャンバーに対象ガスを封入し、光触媒モジュールを動作させ濃度変化を測定。

測定機関:東芝ライテック株式会社
チャンバー容積:50ℓ
風量:3ℓ
温度:5℃、湿度:50%

鮮度維持効果の測定結果(グラフ)

※10日間放置試験

バナナの画像(光触媒ありの場合)

光触媒あり

バナナの画像(光触媒なしの場合)

光触媒なし

青果物を成熟させる植物ホルモンであるエチレン を分解することで、成熟を抑え、鮮度を保持

お問い合わせ

東芝ライテック 産業デバイス営業部

電話

UVシステム・産業用デバイス
044-331-7571

電話

車載用光源
044-331-7570

お問い合わせの際は、電話番号・FAX番号をお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにご注意ください。

商品情報検索リンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

本サイトおよび本サイトからリンクする弊社提供サイトでは、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていない場合、正常な表示や動作とならない場合があります。