東芝ライテック(株)トップページ > 設計・提案支援 > 提案資料 > LEDの基礎知識 > 白色LEDの発光方式

設計・提案支援

白色LEDの発光方式

LEDで白い光を作る代表的な方式は次の3種類です。

1)青色LEDにより、黄色蛍光体を光らせる

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

3方式のなかで一番発光効率が高い方式です。LEDの青色光と、その光で励起される補色の黄色を発光する蛍光体の組み合わせで白色を作り出しています。赤色領域の不足を指摘されていますが、不足しがちな赤色や青緑成分を補った改良型も実用化されています。

当社のLED照明は、この発光方式を採用しております。

2)光の3原色のLED(赤色・緑色・青色)を組み合わせる

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

見た目には白色光が得られますが、放射エネルギーのない波長域があるために、物の見え方が不自然になることもあります。
一般的には品物を照らす照明ではなく、光を直接見せるディスプレイや、大型映像装置などに使われます。

3)近紫外線または紫色LEDにより、赤色・緑色・青色の蛍光体を光らせる

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

3波長形蛍光ランプと同じ発光方式で、青色よりも波長の短いLED光源で、赤・緑・青の蛍光体を励起させます。
きれいな白色が得られる特長がある反面、発光効率の向上が課題です。

このページのトップへ

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。