東芝ライテック(株)トップページ > 設計・提案支援 > 設計・提案支援ツール > 照明設計ツール用配光データ ダウンロード

設計・提案支援

照明設計ツール用配光データ ダウンロード

このコンテンツをご利用になるには会員登録が必要です。

リンク 会員登録について

リンク Web版簡易照度計算・分布図作成ツール(光束法)

より簡便に弊社照明器具を使用した照度計算、必要台数を算出するツールをご提供しています。ご利用シーンに応じて、こちらもご利用ください。現在ご利用のブラウザでご利用いただけます。(ご利用に会員登録は不要です。)

リンク IES形式配光データを形名指定してダウンロードする

弊社照明器具の配光データとして、弊社が提供している弊社照明設計支援ツール以外の照明設計ツールで利用するためのIES形式配光データファイルを、商品データベース上で提供しています。照明設計に必要な商品形名毎に検索してダウンロードすることができますので、ご利用ください。(ダウンロードに会員登録は不要です。)

リンク IES形式 配光データファイルについて

ご提供しているIES形式配光データファイルのご利用に当っての留意事項を記載しています。必ず、記載内容をご確認の上、ダウンロードして利用をお願いします。

照明設計ツール用配光データ (2017年12月版)

haiko20171201.exe (自己解凍形式、2.45MB)

弊社が照明設計支援ツールとしてご提供している「TX Ver.4(Ver.3、Ver.2を含む)」、「簡易照度計算プログラム Ver.2」、「CEC/L計算プログラム Ver.2」で使用できる弊社照明器具配光データの最新版です。各照明設計ツールのプログラムバージョンが最新版の場合、こちらの配光データを更新することで最新版の配光データを利用できるようになります。

一般社団法人照明学会から発行(2013年10月1日)の照明学会技術指針 「照明設計の保守率と保守計画 第3版 −LED対応増補版−」 JIEG-001 (2013)で新たに規定されたLED照明器具の保守率が反映されました。(2013.11.01)

使用方法

"haiko20171201.exe"を適当なフォルダーにダウンロード後、実行してください。解凍先ドライブ名を確認し、必要があれば、弊社照明設計ツールがセットアップされたドライブに変更して実行してください。(初期状態では[C:\]が指定され、[C:\DC]が作成されます。)

以下の3ファイルがフォルダと共に解凍されます。
・ (C:)\DC\INDEX\DETAIL.DAT
・ (C:)\DC\INDEX\MODELNO.IDX
・ (C:)\TLTDISC.INF

設定手順

最新版の配光データの登録先を変更した場合には、次の手順のように、各照明設計ツールの「環境設定」を変更することによって最新版の配光データを利用できるようになります。
以下にTXの場合の「環境設定」の変更手順を記載します。
(「簡易照度計算プログラム Ver.2」、「CEC/L計算プログラム Ver.2」の場合も同様に「環境設定」で「配光データパス」を変更してください。)

TX Ver.4.0、Ver.3.8xの場合

1. TXを起動します。

2. 「ファイル」メニューから「環境設定」コマンドを選択します。

3. 『環境設定』画面が表示されますので、「データ」タグを選択し、「配光データパス」に、更新用配光データを解凍したドライブ名(例:[-C-])を指定します。

4. [OK]ボタンをクリックし、画面を閉じます。

TX Ver.2.xの場合

1. TXを起動します。

2. 配置画面の「オプション」メニューから「環境設定」−「ドライブ環境」コマンドを選択します。

3. ドライブ環境画面が表示されますので、更新用配光データを解凍したドライブ名を[CD-ROM]ドライブ名に設定します。

4. [SET]ボタンをクリックします。設定が有効になり、ドライブ環境画面が閉じます。

ご注意

・  ここでご提供させていただく弊社照明器具配光データは、弊社がご提供する各照明設計ツールが正常に起動、動作している場合のみ利用できます。

・ 「TX Ver.1」、「簡易照度計算プログラム Ver.1」では使用できません。バージョンアップをお願いいたします。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。