東芝ライテック(株)トップページ > 設計・提案支援 > 設計・提案支援ツール

設計・提案支援ツール

弊社照明器具や電材機器商品・電設資材、システム装置制御機器などに関連した設計・提案支援ツールやデータをご紹介、ご提供しています。姿図CADデータや配光データ、各種照明設計・提案支援ツールがダウンロードできます。

姿図作成ツール

イメージ

弊社照明器具の姿図CADデータを呼び出し、姿図一覧図面を作成するソフトウェアです。作成した姿図一覧図面は、DXF形式で出力することができますので、ご利用のCADソフトに読み込むことで編集、修正いただけます。

姿図作成ツール Ver.3.00をリリースしました。(2014.1.6)
従来、『東芝姿図CADデータ集』としてご提供していましたDVD-ROMに同時収録する形で配布させていただいていたツールのバージョンアップ版になります。弊社の照明器具姿図CADデータを、インターネット経由で呼び出すことができるようになりました。最新の弊社姿図CADデータをご利用いただけます。

姿図CADデータ

イメージ

形名別検索による最新版・姿図CADデータの個別、一括ダウンロードが可能です。

リンク形名別検索/個別ダウンロード 商品DB

照明器具や配線器具などの電設資材の姿図CADデータは、「商品データベース」による形名別検索により最新のデータをご提供しています。

リンクカテゴリー別/一括ダウンロード(DXF/DWG/JWW)

「システム装置など電設資材姿図」については、商品カテゴリ−単位に一括ダウンロ−ドできます。

照明設計ツール用配光データ

イメージ

※配光データ:2017年3月版

弊社で提供させていただいている「TX Ver.4(Ver.3、Ver.2を含む)」(有償)、「簡易照度計算プログラム Ver.2」、「CEC/L計算プログラム Ver.2」で使用できる弊社照明器具配光データの最新版です。

一般社団法人照明学会から発行(2013年10月1日)の照明学会技術指針 「照明設計の保守率と保守計画 第3版 −LED対応増補版−」 JIEG-001 (2013)で新たに規定されたLED照明器具の保守率が反映されました。(2013.11.1)

リンク 弊社LED照明器具の配光データにおける保守率の改訂について

弊社LED照明器具の配光データにおける保守率の変更、反映対象について説明しています。(2013.11.1)

リンク LED照明器具の保守率についての概要はこちら

(照明学会技術指針「照明設計の保守率と保守計画 第3版 −LED対応増補版−」 JIEG-001(2013)2013年10月1日 発行)

リンク 東芝照明設計ツール・TX32 Ver.4.0(有償)のご案内

2011年版として、TX32 Ver.4.09をリリースしました。(2011.10.27)

リンク IES形式配光データを形名指定してダウンロードする

弊社照明器具の配光データとして、弊社が提供している照明設計支援ツール以外の照明設計ツールで利用するためのIES形式配光データファイルを、商品データベース上で提供しています。照明設計に必要な商品形名毎に検索してダウンロードすることができますので、ご利用ください。(ダウンロードに会員登録は不要です。)

リンク IES形式 配光データファイルについて

ご提供しているIES形式配光データファイルのご利用に当っての留意事項を記載しています。必ず、記載内容をご確認の上、ダウンロードして利用をお願いします。

Web版簡易照度計算・分布図作成ツール(光束法)

イメージ

弊社照明器具に対して、室情報・条件の設定により、簡便に照度計算、等照度分布図を作成することができるWeb版アプリケーションです。

照明器具を選択し、室情報・条件に対して必要設計照度値から必要照明器具台数の算出、またその逆に照明器具台数から照度値を算出できます。さらに、その照度計算結果から照明器具を均等配置し、等照度分布図を作成することができます。
等照度分布図はPDFとして作成されますので、保存・印刷することができます。

Web版簡易照度計算・分布図作成ツール(光束法)を公開しました。(2014.9.1)

【ご利用にあたって】
ご利用のブラウザが、Windows版Internet Explorer 8〜11の場合で、“互換表示”に設定されている場合は、正常に動作しません。
“互換表示”設定を解除してお試しください。

Web版配光シミュレーション(鉛直面照度分布図作成)ツール

イメージ

壁面(鉛直面)に対し、弊社照明器具の配置と配光による光の照射パターンや明るさのイメージ、照度分布の確認にご利用いただけます。

選択された照明器具(1機種)を任意の大きさの壁面に対して、1列での等間隔配置指定(台数、エーミング(照射角)、間隔)した場合の照明状態を、壁面との距離や器具取付間隔による壁面上の配光イメージや照度分布として確認することができます。

簡易照度計算プログラム(光束法)

イメージ

※配光データ:2017年3月版

光束法による照度計算を行い、照度計算書としてリストを作成するソフトウェアです。各室毎に指定された照明器具を均等配置した照度分布図も作成することができます。

簡易照度計算プログラム Ver.2.05をリリースしました。(2013.2.1)
照明器具検索時、表示される『該当形名一覧』ダイアログボックスのサイズを変更することができるようになりました。

一般社団法人照明学会から発行(2013年10月1日)の照明学会技術指針 「照明設計の保守率と保守計画 第3版 −LED対応増補版−」 JIEG-001 (2013)で新たに規定されたLED照明器具の保守率が反映された配光データが添付されています。(2013.11.1)

一次エネルギー消費量算定用データ入力支援プログラム

イメージ

独立行政法人建築研究所のサイトの「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報」に掲載されている『外皮・設備仕様入力シート(建築物用)』Excelファイル上の「照明入力シート」への弊社照明器具情報を入力支援するソフトウェアです。

一次エネルギー消費量算定用データ入力支援プログラム Ver.1.01をリリースしました。(2014.6.30)
印刷時、一部の情報が印刷されない不具合を修正しました。(2014.7.7)

リンク省エネ法に基づく省エネ基準改正の概要

CEC/L計算プログラム

イメージ

※配光データ:2017年3月版

照明エネルギー消費係数(CEC/L)計算法に対応したソフトウェアです。

2013年4月に施行された省エネ法に基づく省エネ基準改正により、2014年4月1日以降に新規に建築される建築物の省エネ基準の評価に、ここで提供する「CEC/L計算プログラム」は利用できません。
2014年4月1日以前に建築された建物の増改築・定期報告において、旧基準での算定が必要な場合にのみ、ご利用ください。

CEC/L計算プログラム Ver.2.41をリリースしました。(2010.11.16)
従来のCEC/L計算、ポイント法に加えて、平成22年4月より施行された2,000m2未満の建物に対する省エネ措置の届出に適用できる、ポイント法よりも更に簡便な仕様基準(通称「簡易なポイント法」)による計算書作成機能が追加されました。

リンク省エネ法に基づく省エネ基準改正の概要

経済計算用シート

イメージ

経済性を考慮した照明器具の選定の参考となる経済比較が行えるEXCELファイル(EXCEL97-2003用)です。
初期設備費、年間のランプ交換費及び消費電力費のほか、CO2排出量の比較が行えます。

換気設計支援ソフト ”らくらく換気マスター” 外部リンク

イメージ

(東芝キヤリア(株)のホームページへリンク)

建築基準法改正によって必要となった、換気回数の計算から機種選定、換気設備設計計算書の作成などができるソフトウェアです。ダクトレス換気システムにに加え、ダクト換気システムにも対応しています。

リンク建築基準法改正の詳細はこちら

換気設計支援ソフト"らくらく換気マスター"は、東芝キヤリア(株)のホームページからダウンロードできます。
※ 詳細は東芝キヤリア(株)のホームページ 外部リンクをご確認ください。

商品データベースリンクアイコンカタログ閲覧リンクアイコン別ウィンドウリンクアイコンPDFリンクアイコン:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウ、または新しいタブを開きます。

カタログ閲覧リンクアイコン:カタログ閲覧にリンクします。「カタログ見開き閲覧」機能のご利用には、ブラウザのアクティブスクリプト(JAVASCRIPT)が有効に設定されていることが必要です。